FC2ブログ

風邪に苦しめられています。かなりタチの悪い風邪なのかもしれません。

ここ数日、風邪に苦しめられています。

もう4日目以上くらいにはなっていると思います。


一番苦しいことが、「舌の付け根とノドが激しく痛む」ということです。

二回、体温を測定したところ、一回目は37.7度で、二回目は37.8度と高めの熱が出ていたので、

間違いなく風邪です。

多分、ソープ行った日に、かなり長時間、電車に乗ったので、電車内で病原体を移されたと考えるのが合理的です。

相手の娘を疑うことはしません。


ママから風邪の市販薬を受け取って服用したところ、奇妙に汗が出て、舌の付け根とノドの痛みはかなり退潮し、だるさもなくなっていましたが、
薬効が切れたら、すぐにまた重篤状態に戻ってしまいました。


昨日~今日と、ピークなんじゃないかってくらい重篤な痛みが継続しています。

リンゴ複数個、チーズ増量チルドピザといった、滋養はバッチリ取っていますので、

軽快に向かわないのはおかしいです。

もしかして、私がかなり患部に対してマズいことをしているのでしょうか?

と言いますのも、

冷たい飲み物(カロリー飲料ではなく、お茶です)を大量にぐびぐび飲みまくっているのです。

これにより、患部は熱を帯びていなければうまく治らないものが、冷却されてしまい、病原体が元気になる温度まで冷却されてしまっているのではないか、ということです。
私はあまり疫学には詳しくありませんが、そもそも高温が出たり、腫れたりするのは、高温状況に置くことで、病原体の活動を鈍らせるという身体防衛システムのはずです。


そうだとしたら、冷たい飲み物を強い精神力で断つ必要があると思います。

私が冷たい飲み物を大量に飲むのは、「精神障害者・発達障害者あるある」の一般的事例であり、

不要な水分の大量摂取という、生活上のクセ(セルフネグレクト)です。


ちょっとこの痛みがこれ以上継続するのは、マズいです。

ここ最近、真性ロハンの力の戦場に、深夜時間帯にいるのは、風邪の痛みに苦しめられて、0時頃に中途覚醒してしまうからです。


ツイッターで、30代や40代の人でも、風邪で亡くなることがあり得るという話も見ましたし、
私も本腰を入れて、この風邪を治さないといけないのかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

風邪でおつらいですね。
私も去年、今までで1番喉が痛くなる風邪にかかりました。
耳鼻咽喉科へ行ったら、お医者さんに「喉が真っ赤だ」と言われ薬をもらいました。
ただ、どうにもこうにも喉の痛みが取れないので、本当はいけないのでしょうが、病院からもらったロキソニンとは別に市販のロキソニンも買って、痛みに耐えられないような時は飲んでいました。自分の感覚として、3時間おけば、再びロキソニンを飲んでも良いかな?と言うイメージがあります。
それと、のどヌールスプレーも買って、喉に吹きかけていました。
あとは、龍角散のど飴もなめていました。

とりあえず、まだ病院へ行っていないなら、明日にも行った方が良いと思います。
お大事にして下さい。

No title

>あさがおさん

コメントありがとうございます。

扁桃腺が激しく病原体の感染状態に置かれている場合には、

医療機関を頼るべき状況なのだと思います。

https://www.ryukakusan.co.jp/nodolabo/disease/detail/disease1_3

このような医療機関サイトがあります。


風邪やインフルエンザは、基本的に放置して耐えて時間経過すれば全快しますけれど、
扁桃腺が重い感染状態に置かれている場合は、扁桃炎が慢性化しかねないとのことです。

医療を頼るべき、重い症状なのだと思います。

抗生剤として、ジェニナック200mgを二錠、昼食後に
解熱鎮痛剤としてカロナール300mg錠を毎食後に
抗炎症剤としてトラネキサム酸カプセル250mgを1個、毎食後


上記の処方を受けました。

あさがおさん、基本的には、医師がダメ医師ではなく、過不足のない処方薬を出してくれれば、
それ以上は市販薬などは不要だと思いますよ。


やはり薬効の切れ味は、処方薬の方が圧倒的に高く、
処方薬に比べれば、市販薬なんてオモチャみたいなものですからね。


私が前に陥った「陰嚢湿疹」に対して、市販薬である「ムヒ」が良いとか前に見聞きして、試したのですが、ほとんど効果がない、オモチャみたいな薬剤でした。

結局、陰嚢湿疹については、強いステロイド入りの軟膏である、「アンテベート」を皮膚科で処方してもらって、なんとか落ち着かせましたよ。


医師がダメ医師ではないという前提を置くならば、きちんと過不足の無い処方を受けて、処方薬のみで完治させた方がいいです。

ステロイドについては、副作用もありますが、常用しなければ何も問題ないです。常用しなくてもいいほど、強い効果があるということです。
最新コメント
最新記事
プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、矯日活動家、フランス型共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、矯日活動家、フランス型共産主義伝道師)
連絡先メールアドレス:
perfectcommunism@gmail.com

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 共産党へ
にほんブログ村


R2年(2020)1月25日プロフ更新


東慶一立観光学部観光学科で法律と政治を専攻し、9学期で卒業。同時に教職課程の二冠(教職単位、介護体験)も達成した教育者、現代人類文明研究者。

学位は観光学士。大学時代のGPAは1ポイント台中盤。


日本国国民分断対立 未婚子無し陣営 VS 既婚子有り陣営においての、未婚子無し陣営の最高位の聖騎士であるパラディンビショップの座に就いている。


―矯日の剣、矯日の翼―

現在、国連や先進国群から総バッシングを受けている、後進国ジャップに対し、矯正教育を施し、善き道へと導く、教育者としての使命を持つ。(矯日活動家)
この使命のために、日々、人類文明や国内状況の研究にいそしんでいる。



脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。


現代人類文明全般を研究しているが、社会保障と人権問題を軸に、それを取り巻く政治状況(各国の大統領選、総選挙、テロ組織など)を踏まえて解析している。


国政選挙においては必ず投票に出向き、日本共産党に必ず比例代表制で投票する(小選挙区制は立憲民主党など適宜判断する)、国政において重要な役割を果たす有権者。
ここ近年では普通に基礎控除+障害者控除の枠内なので所得税は普通に支払っていないが、消費税の納税額は割と多めである、消費税納税に特化した納税者。


伝統的な朝日新聞購読家庭。毎日新聞や東京新聞もぜひ読みたいと思っているが、複数紙の購読は負担が重過ぎる。


Copyright 2018 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2018 R.O.H.A.N by PLAYWITH Corporation. All Rights Reserved.

カテゴリ
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク