FC2ブログ

サンケイスポーツを買いました。有馬記念回顧記事を紹介します。

IMG_20191223_101008.jpg

今日は、久々にサンケイスポーツを買いました。
産経ヘイト新聞はちょっとダメだと思うんですけど、サンスポは、昔からある、良新聞だと思っています。

昨日のリスグラシューの勝った有馬記念の記事を紹介したいと思います。

実際に文字写しすると、文字数がとても多いので、大変ですね。

これまでは、「GIレースで単勝や複勝を買い、それが的中した場合には、翌日にサンスポを買う」っていう流れだったんですけど、

私個人の競馬キャリアは、この前のエリザベス女王杯が引退の花道だったと思っています。

こういう指摘もあります。

https://db.netkeiba.com/?pid=horse_board&id=2015104961&comment_id=48579

負け組マインド
そもそもギャンブルに本気で金を使ってる時点で人生終わってることにすら気づけてないレベル
あなたのために言ってるからね?
人生本気で成功したいなら
競馬なんかより
資産のためにお金を使え!
それが成功者がみんなやってる事
あなたたちは今日何にお金を使いましたか?
交通費
お昼代
馬券代
テンション上がって無駄に増えたドリンク代
それらすべて支出
あなたたちは今日使ったお金は全て消費のために使ったお金
馬券もね
馬券なんか当たっても当たらなくても支出です
人生成功する人はこんなところのこんなコメントに本気で感化され
明日から行動に移します
またホープフルステークスなんか買って年末も来年も一生支出ばかりの貧乏人生を辞めたければ競馬をまずやめる事
ここの板に人生の成功者あるいは成功に向かって努力してる人は1割もいないでしょう
私は余裕あるし有馬記念だなら覗きに来て噛み付いてきた人を一蹴する予想を見せたけど
成功してもいないのに
馬券買う=人生終わってるからな
まずやめることだ



見出し:リスグラシュー アーモンド倒した 牝馬史上初春秋GP制覇
興奮レーン「世界一になれたかも」

[5馬身差圧勝]
見出し記事:有馬記念が22日、中山競馬場で16頭によって争われ、2番人気でダミアン・レーン騎乗のリスグラシューが直線で豪快に伸び、GI3連勝で引退の花道を飾った。

日本最強馬、いや世界最強馬が、暮れの中山で誕生した。現役最終戦のリスグラシューが、次元の違う末脚でGI馬11頭の有馬記念史上最強メンバーをなで切り。GI6勝牝馬アーモンドアイと、最初で最後の直接対決で2着に5馬身差をつける衝撃V。レーン騎手はゴール直前からガッツポーズを繰り出した。「宝塚記念からコックスプレートの間に成長を感じていましたが、さらに成長していました。今まで騎乗した中で一番の馬ですし、世界一になれたかもと感じました」
道中はラチ沿いで経済コースを追走。最後の4コーナーで動いたサートゥルナーリアの後ろを追うように、馬群の外へ進路を取った。「手応えが良すぎたので、外に出して馬の能力に任せた」好判断。上がり最速の3ハロン34秒7の末脚で、内で伸びを欠くアーモンドアイなどを丸のみ。牝馬史上初の春秋グランプリ制覇を成し遂げた。
今年、初めてJRAの短期免許を取得した鞍上は、春に規定の期間が終了していた。しかし宝塚記念、コックスプレートをリスグラシューとのコンビで制したことで基準をクリア。有馬記念当日の1日限定で、免許交付が認められた。可能性を探り、騎乗を実現させた矢作調教師の執念に最高の形で応えた。
「アーモンドアイを倒してこそ本当の日本一といえる、と思っていました」というトレーナーの最速仕上げも生きた。1週間前に速い時計を出して当週はサラッと…というパターンを崩し、11日に販路4ハロン51秒6、11日に同51秒3と続けて好時計。「最後の競馬で悔いを残したくないと思い、併せ馬にしました」という細やかな工夫が結実し「さらに進化していると感じた。自分の目が正しかったことがうれしかった」と目を細めた。今年のGIを3勝した馬はただ一頭。念願の年度代表馬に当確ランプがともった。
「一生に一度は年度代表馬に選ばれたいと思っていましたし、チャンスは大きくかなったかなと思います」。この後は福島・ノーザンファーム天栄に移動。来年1月19日に京都競馬場で引退式が行われる予定だ。厩舎開業15年目で初めて挑んだ有馬記念を制した矢作調教師は「ありがとうと言うしかありません。史上まれに見る名馬です」と目を潤ませた。GI3連勝。アーモンドアイ撃破という強烈なインパクトを残して、怪物牝馬がターフに別れを告げた。


[サートゥルナーリア2着]
【相手強過ぎた】
サートゥルナーリアは残り200メートル手前で先頭に立ったが、かわされて2着。「勝った馬が強すぎた。レース前の冷静さがポイントで、そこはクリアできた。最後もしっかり伸びていて、日本トップクラスであることは間違いない」とスミヨン騎手。イレ込まないように待機所での輪乗りに加わらず1頭で過ごすなど、陣営の工夫で冷静さを保てたことは収穫だ。


[ワールドプレミア3着]
【大外から猛追】
菊花賞馬ワールドプレミアが3着。スタートが決まらず最後の4コーナーでも最後方だったが、上がり3ハロン35秒0の末脚で追い上げた。武豊騎手は「ラストの脚は本当に良かった。この相手によく頑張って、来年が楽しみ」とうなずいた。初の関東圏への輸送でもプラス体重と成長を証明。来春は天皇賞・春が目標だ。


[アーモンド魔さか]
【直線伸びず9着スタンド悲鳴…初の馬券圏外】
雨空のもと、スタンドに悲鳴がこだました。単勝1.5倍と圧倒的な支持を集めたアーモンドアイは、2周目4コーナーでまくり気味にスパートしたが、直線半ばからいつもの伸びが見られずに失速。GI7勝目どころか、デビュー11戦目にして初めて馬券圏外となる9着に沈んだ。
「(1週目の)スタンド前で冷静に走れなかった。(発熱開けでも)フィジカルは大丈夫だったがリズムが悪くて、最後もグンと来なかった」
検量室で唇をかんだルメール騎手は「2500メートルなので、リラックスできないとアーモンドアイでも疲れてしまう」と敗因を言葉少なに語った。
国枝調教師は、パトロールVTRを何度も確認。「いい感じだと思って見ていたけど、ルメールによると、スタートして最初の直線で前にいたフィエールマンの外に出した時にスイッチが入ってしまったらしい」。1周目の直線まで内に入れず、馬群の外でスタンド前を通過。自身への大歓声で力んでしまう、皮肉な結果になった。
続けて、「(馬群の)中に入りたくても、隣にサートゥルナーリアがいたし、そのままひと回りしてガス欠になってしまった。レース前の雰囲気はいつもと変わらなかったんだけど」と説明。
「私も呆然自失。馬の状態は大丈夫だけど、今後のことは、今はまだ、ね…」と国枝調教師は肩を落として検量室を後にした。


これ以上は大変になってきたので、画像で紹介します。

[レースを終えて…]
IMG_20191223_112148.jpg

[柴田政人の目]
IMG_20191223_112242.jpg

[キャロットF・秋田代表]
IMG_20191223_112207.jpg


関連記事

テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新聞の文書起こしは手間が掛かりますよね。
もし、複合型プリンターをお持ちでしたら、スキャナー機能で読み取って、文書として自動変換させると言う方法もあるのですが。
私が最後にこの機能を使ったのは何年も前ですが、その頃でも誤認識による誤変換は少なかった気がします。

あと、サンケイスポーツはコンビニで買ったのですか?
家でいつも取っているところとは違う会社の新聞を買うのも新鮮で良いですよね。
私は最近買っていませんが、時々、日経新聞や朝日新聞の日曜日版をコンビニで買っていました。
陽春さんも近くで東京新聞を置いてあるコンビニなどがありましたら、1回お手に取ってみて下さい。

No title

>あさがおさん

コメントありがとうございます。
一応、複合型プリンターは持っているのですが、
スキャナー機能を使うこともできるのですが、
使った事がなく、文書として自動変換という機能については存じ上げません。

そもそも、スキャナーというアイテムを行使する必要性をあまり感じていないので、
基本的に読み取ってキーボードで文書起こしして、それで文字数が多すぎて大変などの場合には、補充的に、使い慣れているスマホの写真撮影機能で画像化している次第です。


サンケイスポーツは、コンビニで買いました。
前は、130円とかだったのに、150円になっていて、値上がりしていると思います。
確かに、コンビニ購入の新聞は、新しい視点を与えてくれますね。
サンケイスポーツについては、毎日定期購読するような類の新聞ではないという認識を持っています。
競馬の大レースの翌日に、買いたいことがあるに留まります。

はい、東京新聞ですね。確か、前に安倍政権の大きな問題を暴いた回の号を、買ったと思いますよ。

私は、あまり新聞を変更することはどうかと思うし、
複数紙を取ることも、読むのが大変になりすぎて困ると思います。

というか、私は自宅で定期購読している、朝日新聞の一紙でさえも、満足に読めてはいないです。

「耕論」が重要なコーナーだと思っていますが、私の興味のあるトピックが載っていることが少ないために、読まないことも多いです。

興味としては、毎日新聞とか東京新聞に、強い関心があります。

ただ、新聞を何紙も定期購読することは、経済的に負担ですし、そもそも読むことが難しいなど、難しい部分があります。

No title

>あさがおさん

最近では、朝日新聞は、反安倍などの政権批判や、雇用問題、時事などにウェイトを置いていて、あまり面白くないです。


私のような、障害者やそれを対象としたヘイトクライムに関する内容をもっと扱って欲しいので、現在の朝日新聞には不満があります。

障害者、及びそれに対するヘイトクライムについては、毎日新聞が充実していると、こちらの人が述べています。

https://twitter.com/mirailist


ママが死んだ場合には、私の意思で、購読新聞を決定することになりますが、
朝日新聞を止めるというのは、朝日新聞社としての顧客損失になりますため、
朝日新聞を取るのをやめたくはないです。
私には、朝日新聞社を強く支えていきたい意向があります。

そして、毎日新聞にも興味があります。

朝日新聞・毎日新聞のダブル購読が視野に入っていますが、
毎日きちんと目を通して、きちんと消化できるかが、疑問なところがあります。

あさがおさんのご購読の東京新聞も、もちろん取りたい意思がありますが、
朝日・毎日の二紙でさえ、消化できるかどうかが微妙であり、
東京新聞まで追加したら、パンクしてしまうと思います。

No title

ご丁寧な回答をありがとうございます。
朝日新聞だけでも読んでいれば、十分だと思います。
どうしても読みたい記事があったら、東京新聞のホームページで概要はわかりますし。
あと、経済的負担を増やさずに、複数の新聞を読む方法としましては、原始的ですが、図書館へ行くと言う道があります。
もし、時間的に余裕があるようでしたら、図書館まで足を伸ばすのもおすすめです。

No title

>あさがおさん

あさがおさんのコメントは、2019-12-25(19:30)のコメントを読まずに投下されたのでしょうか?


私は、現在の朝日新聞に対しては、不満がございます。

不満があるが、朝日新聞社の支えになればと思って、購読を止めないのです。

私に対して、より適切な新聞、最適な新聞は、毎日新聞だと理解しています。

図書館において、複数の新聞を読めることは把握しています。

しかしながら、私は、特に重大な記事は、切り抜いて保管をしたいので、図書館における新聞読みは考えておりません。

もちろん、図書館まで足を運ぶことが大変であるという理由もあります。
最新コメント
最新記事
プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、矯日活動家、フランス型共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、矯日活動家、フランス型共産主義伝道師)
連絡先メールアドレス:
perfectcommunism@gmail.com

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 共産党へ
にほんブログ村


R2年(2020)1月25日プロフ更新


東慶一立観光学部観光学科で法律と政治を専攻し、9学期で卒業。同時に教職課程の二冠(教職単位、介護体験)も達成した教育者、現代人類文明研究者。

学位は観光学士。大学時代のGPAは1ポイント台中盤。


日本国国民分断対立 未婚子無し陣営 VS 既婚子有り陣営においての、未婚子無し陣営の最高位の聖騎士であるパラディンビショップの座に就いている。


―矯日の剣、矯日の翼―

現在、国連や先進国群から総バッシングを受けている、後進国ジャップに対し、矯正教育を施し、善き道へと導く、教育者としての使命を持つ。(矯日活動家)
この使命のために、日々、人類文明や国内状況の研究にいそしんでいる。



脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。


現代人類文明全般を研究しているが、社会保障と人権問題を軸に、それを取り巻く政治状況(各国の大統領選、総選挙、テロ組織など)を踏まえて解析している。


国政選挙においては必ず投票に出向き、日本共産党に必ず比例代表制で投票する(小選挙区制は立憲民主党など適宜判断する)、国政において重要な役割を果たす有権者。
ここ近年では普通に基礎控除+障害者控除の枠内なので所得税は普通に支払っていないが、消費税の納税額は割と多めである、消費税納税に特化した納税者。


伝統的な朝日新聞購読家庭。毎日新聞や東京新聞もぜひ読みたいと思っているが、複数紙の購読は負担が重過ぎる。


Copyright 2018 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2018 R.O.H.A.N by PLAYWITH Corporation. All Rights Reserved.

カテゴリ
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク