FC2ブログ

嘉一郎さんが再チャに来てくれています

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/15671/1503326331/

今更の紹介ですが、嘉一郎さんが再チャに来てくれています。
スレは、他スレと違って、原則sage進行です。

今日に、ちょっと重要めな返信を行ったので、こちらに転載します。



163: 聖剣の勇者 ヒロイックパラディン 陽春 (ワッチョイ) :2019/10/20(日) 13:21:24 ID:z6ptX2QM00
>>161
嘉一郎さん、東大生が「学問が好き、知りたいという欲求が人一倍強い」というのは、誤認識かもしれないです。

東大生というのは、単純に、英語・国語・理科・社会・数学などの学科試験でのパフォーマンスが高い者を選抜しているに過ぎないと思います。

ブログ記事でも述べましたけれど、高学力者が高い倫理性を持っているわけではないと。

上位私立大学~中堅~下位私立大学の学生などでも、学問が好きで知りたいという欲求が強い者はたくさんいると思いますよ。

学科試験でのパフォーマンスの高さは、学問好きとか知的好奇心の強さにはあまりリンクしないと思います。


「和田式」については、完全に誤っているものではないと思います。

大学受験勉強については、ある程度は軽薄でもいいと思いますよ。
そんなに深みがあるものじゃないです。
大学受験勉強というのは、そんな深遠なものではないんですよ。

考えてみて下さい。生まれてから18年程度しか経過していない者が、1~2年程度かけて取り組む学科試験です。
上位私立大学、上位国公立大学に合格した大学生などでも、大した教養とか深遠な思考はしていない者が大部分です。

大学受験っていうのは、本来の基礎能力を見るものだと思いますよ。努力などで積み上げた能力ではない。

具体的に言いますと、基礎的な頭脳CPU回転速度とか、頭脳CPU動作精度(思考や計算の正確性、スピードなど)を問うものであり、

暗記した知識量とか、長年にわたる研究を実行する能力とかが問われているわけではないんです。

例えるなら、センター試験の英語や世界史の延長線上にあるものに過ぎないと思いますよ。東大の二次試験もです。
センター試験と東大二次は、形式が違うだけで、同じ分類のものです。

嘉一郎さんは、センター試験で高得点を挙げるために、「深遠な学問追究」など、求められているとお考えですか?

数学については、モノにしたことがないのでわからないですけれど、
「数学パズル(解法)の解き方を暗記して、それを積み上げれば解答できる数学問題もある」という意見を知っています。
数学の能力がそもそも高い受験生であれば、数学問題に対しては、「数学的アプローチで解答する」というメソッドで解答した方がはるかに能率的ですが、

それができない、数学能力の劣る受験生が、数学科目で戦う上で、「チャート式」とか「数学パズル暗記積み上げ方式」があるのだと思います。

要するに、優れた者と劣った者、それぞれが戦うための武器は別にあるということです。

数学という受験科目の、試験本番での得点具合につきましても、
私は数学受験者ではないので詳しくないですが、

早稲田大の文系選択科目としてある数学
平均点がえらい低いです。

https://www.waseda.jp/inst/admission/undergraduate/result/
https://www.waseda.jp/inst/admission/assets/uploads/2019/07/2019_3.pdf
https://www.waseda.jp/inst/admission/assets/uploads/2018/07/2018_3.pdf


政治経済学部は、ここは数学能力も高い猛者がこぞって受験するそうなので、平均点はある程度ありますが、
商学部、社会科学部、人間科学部の数学平均点の低さについては、舌を巻くと思いますよ。

続きます

164: 聖剣の勇者 ヒロイックパラディン 陽春 (ワッチョイ) :2019/10/20(日) 14:10:04 ID:z6ptX2QM00
文系で数学を選択科目とすることは、しばしば「ギャンブル」と言われます。

数学は、科目の性質上、世界史・日本史といった地歴科目に比較して、「オールオアナッシング」という傾向が強いのだと思いますよ。

そして、平均点が低いということは、ほとんど得点できない受験生も結構多いということです。

世界史・日本史は、確かに安定して得点できる科目です。

選択科目は、普通に標準化されるか、または偏差値化して利用するため、平均点が低い中、素点で世界史や日本史と比べられるわけではありません。

成績開示で、平均点が10点未満で、素点が25点だったら、標準化後は満点の50点に補正されていた、というものを見たことがあります。

多分、これは私の推定なんですけど、早稲田大の成績標準化の関数は、

平均点の得点を取れば、満点の半分が与えられる。
平均点と乖離していればいるほど、指数関数的に、上にも下にも大きく補正される。

というものだと思うんですよね

例:文化構想学部 世界史 満点50点 平均点25点において
得点の上方乖離  得点25点=標準化後25点 得点28点=標準化後26点 得点31点=標準化後31点 得点35点=標準化後38点 得点42点=標準化後46点
得点の下方乖離                得点22点=標準化後24点 得点19点=標準化後19点 得点15点=標準化後12点 得点8点=標準化後4点

例その2:教育学部 国語 満点50点 平均点30点において
得点の上方乖離  得点30点=標準化後25点 得点33点=標準化後26点 得点36点=標準化後28点 得点40点=標準化後31点 得点47点=標準化後46点
得点の下方乖離                得点27点=標準化後24点 得点24点=標準化後22点 得点20点=標準化後12点 得点13点=標準化後4点


上記のようなことにつき、文化構想学部・文学部では、配点が75点の英語と国語(二科目で150点)で、平均点を大きく上に乖離していれば、地歴科目(配点50点)が平均点を切っていても受かるという理論があります。


同様のことは、商学部の英語にも言えますね。配点80点の英語で、平均点を上に大きく乖離するのが極めて重要ということです。

165: 聖剣の勇者 ヒロイックパラディン 陽春 (ワッチョイ) :2019/10/20(日) 14:22:33 ID:z6ptX2QM00
>>161
素材選びをほめていただき、ありがとうございます。
また、読んで下さり、ありがとうございます。

女性の不変の真理ですか。確かに、そうですね。
男性側の要求・主張は、女性側からすれば、受け入れるのが難しいかもしれないですが、
確かにこれは真実なのかもしれないですね。

両性が、どう意見を折衷させていくのか、というのが人類文明の道を決めると思います。

今までは、男性有利で人類文明が進んできたと思うのですが、最近以降はそうでもなくなってますからね。

女性の意見力が増したことが、少子高齢化の重大な推進要因なのではないか、とも思いますけどね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
最新記事
プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、矯日活動家、フランス型共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、矯日活動家、フランス型共産主義伝道師)
連絡先メールアドレス:
perfectcommunism@gmail.com

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 共産党へ
にほんブログ村


R2年(2020)1月25日プロフ更新


東慶一立観光学部観光学科で法律と政治を専攻し、9学期で卒業。同時に教職課程の二冠(教職単位、介護体験)も達成した教育者、現代人類文明研究者。

学位は観光学士。大学時代のGPAは1ポイント台中盤。


日本国国民分断対立 未婚子無し陣営 VS 既婚子有り陣営においての、未婚子無し陣営の最高位の聖騎士であるパラディンビショップの座に就いている。


―矯日の剣、矯日の翼―

現在、国連や先進国群から総バッシングを受けている、後進国ジャップに対し、矯正教育を施し、善き道へと導く、教育者としての使命を持つ。(矯日活動家)
この使命のために、日々、人類文明や国内状況の研究にいそしんでいる。



脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。


現代人類文明全般を研究しているが、社会保障と人権問題を軸に、それを取り巻く政治状況(各国の大統領選、総選挙、テロ組織など)を踏まえて解析している。


国政選挙においては必ず投票に出向き、日本共産党に必ず比例代表制で投票する(小選挙区制は立憲民主党など適宜判断する)、国政において重要な役割を果たす有権者。
ここ近年では普通に基礎控除+障害者控除の枠内なので所得税は普通に支払っていないが、消費税の納税額は割と多めである、消費税納税に特化した納税者。


伝統的な朝日新聞購読家庭。毎日新聞や東京新聞もぜひ読みたいと思っているが、複数紙の購読は負担が重過ぎる。


Copyright 2018 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2018 R.O.H.A.N by PLAYWITH Corporation. All Rights Reserved.

カテゴリ
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク