FC2ブログ

複利投資での逆転への道?

一つ前の記事で、現状が本当に、本当に残念な状況に追いやられているのは、述べた通りです。

http://perfectcommunism.blog.fc2.com/blog-entry-792.html


ここから、逆転のために必要な要素を考えてみます。

逆転というよりは、人並みの資産を保持するラインに達することですね。

ツイッターで見た、沖縄県の女子中学生のスピーチだったか?

「お金持ちになることは、大事なことではない」

ということには、賛同いたしますが、それとは別の理で、私は自身の保有資産をきちんと作りたいです。

別の理:障害者である自分がうまい具合に生きていくためには、自身の保有資産から稼得する利子・配当所得が必要なのでは?と思っていますし、人生の達成という意味でも、お金がきちんとないと、総合的にみて苦しいです。もちろん、お金だけがあっても、「子や孫に捨てられる高齢者」みたいな状況に帰結するでしょう。ですが、総合的にみて、一定額の資産が欲しいです。


私は、億円欲しいみたいな強欲&現実見えてない(お金や経済について詳しくない)人ではないです。

アーリーリタイヤのラインとされる、5000万円くらいが欲しいです。

5000万円があれば、それの生み出す利子・配当所得で、もし万一、仮に障害年金が止まったとしても、生活保護に突入せずに生きていくことが可能です。もちろん、生活保護は国民の当然の権利ですから、全く悪いものではありませんし、必要であれば、堂々と受給すべきだと思いますが、私は財布を行政の管理下に置かれたくないです。

配当金と貸株金利を合算した、総合利回りを5%と置きます。

(言い忘れましたが、『株式』が資産の軸となるものです。現金ではありません。現金では利回り低すぎますからね)

5000万円の5%の年利ですと、単純に計算すれば250万円ですね。

このうち、配当金については20%と少しの所得税+住民税がかかり、貸株金利については、まあ0.1%なので年額は5万円でしょう。

そういえば配当金は、総合課税扱いにもできますね。このことは、税務の話になるので、今回はパスします

年間所得のうち、基礎控除48万円+障害者控除27万円=75万円まで控除されます。

とりあえずは、5000万円あれば、200万円以上くらいは、資産それ自体の生み出す、利子・配当所得を年間で受け取れると思います。

独身であるならば、十分な額だと思います。所帯持ちになるならば、足りないですね。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1254841870

このカシオ計算機のサイトで、計算してみましょう

条件:半年ごとの期初複利、非課税(障害者控除も含めて控除額が大きいため)
年利率5%、当初の積立金は0円、7万円ごとの毎月の積立金

これで計算しましたところ、
5年目を迎える段階で、475万円台
7年目を迎える段階で、701万円台
10年目を迎える段階で、1084万円台

といった数字が出てきました。

もちろん、現実がこの積立金の通りになるわけでもないでしょうけれど

障害年金が止まらないという、絶対の保証もないですしね。
ただ、止まらないことを前提に置いて、話を進めていきます


毎月の生活費は、概ね、3万円程度だと思うんですよね。

ママからの食料費給付金5万円+年金が月6.5万円ということになりますので、

月の積立金は、8.5万円という風に増額することもできます。

何かしらのアクシデントが発生して、お金を出費しなければならないという事態もありえますが、

とりあえず、毎月の積立金は7万円で置くのでもいいと思います。


競馬(馬遊びのギャンブル)をやったのは、ここ1年間くらいは、本当に辛い失敗でした。
(2017年は、キタサンブラックに結構勝たせてもらえましたけど)

ギャンブルの構造上、続けてやってると、やっぱりどうしても収支はマイナスになってしまいます。
もうやりません。

今、思い起こしてみれば、本当に、賢くなかったと思います。
(フジテレビ賞スプリングステークスから始まる、今年の大赤字は)


そもそも、NHKスペシャル「欲望の民主主義」などを視聴しているため、お金について詳しく、経済のことや、ピケティさんのr>gの理論も理解できる私が、
ギャンブルをやるというのは、「矛盾」していた行為でした。

強いて言うならば、人間は誘惑に弱いように作られているということです。
ギャンブル障害とも関連がありますけどね。
(不安や不快な感情の回避の部分)

それから、労働をしないことは、「退屈」に苦しめられるという部分もあります。
近代の哲学者さんが、労働は退屈からも救ってくれる、と言及していましたが、退屈であるがゆえに、お金を不適切出費してしまうというのは、私にも確実に当てはまります。


今年の2月に、ママから借金返済のための必要なお金を受け取っておきながら、
3月にスプリングステークスから馬の負けが始まり、6月には仮想通貨で致命傷に近いダメージを負ってしまいました。

ママからは、ギャンブル禁止を命じられており、お金については、再三、「我が家はお金が苦しい」と、注意・警告を何度も何度も受けています。

2月に、借金返済のためのお金を受け取っておきながら、その後、馬に走ったのは、完全に背任行為だったと思います。

ママに土下座するべきだと思います。

懺悔の弁はここまでくらいにさせて下さい。


■個別株式銘柄相談

ウィキペディアで、「総合商社というビジネスモデルは、日本独特のものであり、外国にはみられない」と、あります。
また、東京マーケットワイドの解説の人も、「総合商社っていうビジネスモデルは、数十年後もまだ残ってるのでしょうか?」と、疑問を投げかけていました。
このことを鑑みると、あんまり総合商社に全幅の信頼を寄せるのは、望ましくないのかもしれません。盲信は禁物でしょう。

もうちょっと、力を入れて分析をするべきなのかもしれません。

四季報に目を通します。

KDDIのトピックスです。

【目 標】利益成長に加え自己株買い・消却進め25年度に1株益を1・5倍に引き上げ。携帯通信は5G時代見据えキャリア初となるデータ使用量無制限プランを投入。

KDDIは、配当利回りが3.82%と、あまり高くありませんが、自社株買いの金額が大きいことも相まって、ここの企業の成長力とか将来性を見越して、買われているのでは?と思う部分があります。

連続増配という、特質も持っています。

このまま行きますと、

2021年度3月期=年額120円
2022年度3月期=年額130円
2023年度3月期=年額140円
2024年度3月期=年額150円
2025年度3月期=年額160円

ということにならないでしょうか。
そうすると、現在の株価での配当利回りは、5.5%を超えることに??

ちなみに、KDDIはお馴染みの「au」というビジネスブランド名で、通信事業をやっている企業ですが、
5G時代になり、色々なことがあるとされています。また、通信事業だけではなく、
Wawma!などの、総合的ライフデザイン企業へと脱皮を図っていますね。
オンラインゲームをやる人にはお馴染みの、WebMoneyが、KDDIの物になっていたのは、つい最近に知ったことです。


オリックス

ここも優位に立っていると思います。そこまで詳しくはないけれど
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

コメント出来たつもりでいたら、上手くいかなかったようで重複するかもしれないが

この文面だと生活費=食費となって、おかしいだろ?
で、マクド、回転寿司、吉野家等の外食、セブン、ピザ宅配などの中食を一切なくせるの?

No title

>2019-07-12(17:42) さん

ゴメン、そちらの主張内容が、うまい具合に飲み込めない

この文面で、生活費=食費 になるのかな?


私が、記事中で月3万円と言っているのは、通信費や諸々、全ての費用を込めた金額のつもりだよ。


そんで、ガラホの分割代金 月1200円が支払い終えるのが2020年12月
RyzenゴミPCのローン 月7500円が支払い終えるのが2020年2月

これらが終われば、ちょっとは軽くなるね。

>毎月の生活費は、概ね、3万円程度だと思うんですよね。

ママからの食料費給付金5万円+年金が月6.5万円ということになりますので、



収入が11万5000円で7万貯蓄→残金が3万円強
残金=生活費=食費 になるたろ?

残金=食費の方が分かりやすいか


食費+生活費で8万円だから、貯蓄できるのは3万円やで

ママからの食料費給付金5万円がそのまま食費なら、年金分だけで生活費、貯蓄に回すだろ?
よく考えてみ?

>2019/07/12 19:12さん

コメントありがとう~
今日は、もう、リスパダールその他の薬を入れまくっていて、頭が満足に回転しないので、満足な返信を返すことが難しい。

明日以降、内容を精査し、きちんと返信を返したいと思います。

しばらく、お待ちいただきたい。

No title

5パーセントを複利で増やせるなら、強いですが、株の個別銘柄では、売買の単元が100株なり、1000株なりあって、資金が50万円以上にならないと、すぐに複利で増やすと言うレールには乗れませんね。

陽春さんの方針とは少し違いますが、楽天証券の楽ラップはいかがでしょうか?
これでしたら、最初に10万円以上入れれば、あとは毎月1万円単位で自由に積み立てできますし、カシオ計算機のサイトで行ったシミュレーションに最も近い投資方法だと思います。

No title

>2019-07-12(19:01)さん

お待たせした。
収入が11万5000円で、7万円貯蓄とすると、残金は4万5000円になると思うよ?

それから、残金=食費というのはよくわからない。私はあまり頭が良くなくてね、スマンね

食費+生活費で8万円だって?

流石に、そんなにぜいたく放題な生活は送ってないよ。

RyzenゴミPCのローンが、来年2月に終わるから、ここでマンスリー出費7500円が消えることになる。


それと、ママからの食料費給付金5万円は、そのまま食費ではないよ。
流石に、食費だけで月5万円を使うほど、ブルジョワ食生活を送ってるわけじゃない。

食費割合ももちろんあるけれど、かなりの割合は、余剰金として、投資(株式、競馬、仮想通貨など)に回してる。

おれだって、結構、自炊をしてるんだぞ。

思われているほど、外食や中食ばかりしてるわけじゃないからね。


現在の月額固定費をあげると

RyzenゴミPCのローン 7500円
KDDI(解約済みだが、機器分割代金が2020年12月まである、1200円)+JCOMの通信料金 4767円
ラインモバイルの携帯電話料金  1200円とちょっと

ここまでが固定費やな。

そして、食費としては、月額で25,000円程度なんじゃないかな?

RyzenゴミPCのローンが消えれば、かなり楽になるよ。

No title

>あさがおさん

コメントありがとうございます。
確かに、最低100株を持ち始めないと、始まらないですよね。
資金が50万円以上にならないと、すぐに複利で増やせないというのは、あさがおさんのおっしゃる通りです。

あさがおさん、私は資産運用を他人任せにするということを、やっていません。
全て、自分の眼力で選んだ個別株式銘柄だけで、チャレンジしたいと思っています。

利回りが高いのは楽天のポイント投資での積み立て
クレカでの支払いも可能

毎月いくら投資して、そのうちいくらをポイント使うかは自分で考えること

No title

>2019-07-13(11:12) さん

それがあるのは知ってる。

でも、私は投資信託っていうものを、信じてないんだよな~~

それと、楽天ポイントは、クレジットカードの請求額に充当できるので、

私はクレジット請求額への充当で使ってるね。

最新コメント
最新記事
プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、矯日活動家、フランス型共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、矯日活動家、フランス型共産主義伝道師)
連絡先メールアドレス:
perfectcommunism@gmail.com

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 共産党へ
にほんブログ村


H31年(2019) 2月28日プロフ更新

トップレベル私立大学の観光学部観光学科で法律と政治を学び9学期で卒業、教職課程では二冠(単位、介護体験)を達成した教育者、現代人類文明研究者。

学位は観光学士。大学時代のGPAは1ポイント台中盤。


―矯日の剣、矯日の翼―

現在、国連や先進国らから総バッシングを受けている、後進国ジャップに、矯正教育を施し、善き道へと導く、教育者としての使命を持つ。(矯日活動家)
この使命のために、日々、人類文明や国内状況の研究にいそしんでいる。


「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義を理想としている。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。


現代人類文明全般を研究しているが、社会保障と人権問題を軸に、それを取り巻く政治状況(各国の大統領選、総選挙、テロ組織など)を踏まえて解析している。


国政選挙においては必ず投票に出向き、日本共産党に必ず比例代表制で投票する(小選挙区制は立憲民主党など適宜判断する)、国政において重要な役割を果たす有権者。
ここ近年では普通に基礎控除+障害者控除の枠内なので所得税は普通に支払っていないが、消費税の納税額は割と多めである、消費税納税に特化した納税者。


伝統的な朝日新聞購読家庭。東京新聞もぜひ読みたいと思っているが、二紙の購読は負担が重過ぎる。


Copyright 2018 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2018 R.O.H.A.N by PLAYWITH Corporation. All Rights Reserved.

カテゴリ
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク