最近の株式売買 大ピンチからの起死回生で、傷は浅く済んだ

ヴィンクス
ヴィンクス2

あまり売買履歴を語りたくないくらいに、ここ数日間は失敗しました

黙って三井物産をホールド継続していればよいものを・・・・

デイトレードでたまたま成功したことで味をしめて、続けてデイをやったら、手痛い打撃を受けましたね

結局、三井物産200株に加えての現金の量が、1万円くらいも減ってしまった感じ。

二枚目の画像にある「現金」っていう項目は、手数料拘束金を含んでいないので、
「現物買付余力」の項目が、正しい保有現金額ね

今日は、一時期、超大ピンチの状況に陥っていたが、後場に救いのヒーローが現れて、なんとかプラス収支を多めに取れた感じ

ヴィンクス3784の5分足チャートを見ればわかる。今日のね

やっぱり、デイトレードっていうのは勝てないなあ
中長期の保有でしか、株式は勝てない!!!


追記
わかりやすいように、ヴィンクスの今日の5分足チャートを示しますね

ヴィンクス3

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ダウが200ドル以上下がったのに、小幅高で終わったり
ダウが100ドル上がったのに、ぐいぐい下げていったり
今週はよくわからない日経平均でしたね。

先日、陽春さんがディートレードに勝つ方法を書いていましたが、私も1つ方法論があります。
日経平均が300円以上、上がってきたら、日経平均ベア2倍を買って、上げ幅が100円程度に縮小するか、ダメでもその日のうちに売ると言う方法です。
この方法なら、最近の流れはだいたい勝ちになりますし、仮に失敗しても大して痛くありません。

三井物産についても、少し下がっていますね。
特に、今日の最後の3分位に急落していますが、少しでも不安心理を与えようと、外資系が売り崩しを図ったのでしょうか?
14時59分頃が最安値と言う銘柄がちらほら見受けられます。
いずれにしろ、来週以降も買い進めたいと思っています。

No title

>あさがおさん

そうですね。
今週は、本当に、ことごとくが読み外れで終わる残念な相場でした。
ブルを買ったら異様に弱いし、ベアにすれば、今度はアホみたいに上げていくという、最悪でした。
やはりレバレッジETFではいい思いはできませんね。


それから、あさがおさんのおっしゃる手法は「テクニカルトレード」というものですが、
それはレバレッジETFでやると、うまくいかないことが多いです。
理由はスプレッドと手数料だと思います。


三井物産の下げについては、心配無用ですね。

買えるお金があればいいのですけれど…あさがおさんにはあっても、私にはありませんね。
ツイッター
プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、矯日家、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、矯日家、法闘士、共産主義伝道師)
連絡先メールアドレス:
perfectcommunism
@gmail.com


H30年(2018) 2月5日プロフ更新


現代人類文明の研究者。
学位は観光学士。
トップレベル私立大学・慶応ワーチム観光学部観光学科にて、法律と政治を学び、教職課程の二冠(単位、介護体験)を達成し、9学期の在籍で見事に卒業。
大学時代のGPAは1ポイント台中盤。

現代人類文明全般を研究しているが、社会保障と人権問題を軸に、それを取り巻く政治状況(各国の大統領選、総選挙、テロ組織など)を踏まえて解析している。


国政選挙においては必ず投票に出向き、日本共産党に必ず比例代表制で投票する(小選挙区制は立憲民主党など適宜判断する)、国政において重要な役割を果たす有権者。

伝統的な朝日新聞購読家庭。東京新聞もぜひ読みたいと思っているが、二紙の購読は負担が重過ぎる。

矯日家。(反日ではなく矯日)
未開な後進国である日本の未開な民族の啓発、矯正教育を行うことが使命。
この使命のために、日々、人類文明や国内状況の研究にいそしんでいる。


「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義を理想としている。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。


トレードアイランドの鄭徒均ページ



Copyright 2018 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2018 R.O.H.A.N by PLAYWITH Corporation. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク