ようやっとレバベアからレバブルに切り替える

レバブル
レバブル2

まだ遅くはないと思うけど、大分利益を逸失してしまった

◆雑感

ドル円と日経平均株価の相関性が薄れてきている気がする。
前はドル円に連動して上下していたのに、今はドル円が下がっても日経平均株価は変わらないし、同じドル円のままグイグイと日経平均株価が上がって行くぜ

下がれ下がれって念をかけても、一向に下がることがない
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日になって、北朝鮮がまたグアムへのミサイル発射を示唆する声明を出したり、ミサイル発射の準備作業をしたりしているとニュースが出ていますね。
前回、ミサイルを発射した日に日経平均が午後から逆に上がったことを考えると、グアム周辺海域にミサイルが着弾したとしても、大して株価は下がらないと思って良いのでしょうか?
アメリカが軍事行動を起こすボーダーラインが謎なので、何とも言えないですが、選挙直前にミサイルを発射されたら、社民党は苦戦しそうですね・・・。

No title

いやグアム近海に着弾すれば流石に全体株価は下がると思いますぞよ。

ただ、その発射は北朝鮮は行わないと思う。

あさがおさんは社民党支持ですか?

私は共産党支持です。

共産主義、ファイト!ファイト!ファイト!!

共産主義、バンザイ!!!

No title

アメリカも金融引締めに転換したから、先進国で金融緩和してるの日本だけになりましたよ。
だから、ドル円と日経平均が連動しなくなったのではないでしょうか。

No title

>HRTさん

なるほどーーー

説得力あるね

人は全知全能ではないから、私が知らないことも沢山ある。

No title

共産主義、ファイト!ファイト!ファイト!
共産主義、バンザイ!!!

私は、小選挙区は立憲民主党の候補者
比例は、立憲民主党か共産党に入れようと思っています。
立憲民主党が2009年衆議院選のみんなの党のように
比例で票を集めすぎて、他の党に議席が行かないか、心配です。
その点、共産党は比例も万全の構えでいいですね。
立憲民主党も、順位下でもいいから比例単独候補を用意しておくべきだったと思います。

今回の選挙、立憲民主党の当選者と希望の党にいる民進党前職の当選者を合わせたら、選挙前よりかはいくらか増えるような気がします。
あと、自民・希望・立憲民主・共産が争っている選挙区では、もしかすると中選挙区時代にはよくあった「共産党が漁夫の利を持って行く」現象が起きるかも知れませんね。
とにかく、安倍内閣が退陣する位、野党が善戦すると良いですね。

No title

>あさがおさん

共産主義、ファイト!ファイト!ファイト!
共産主義、バンザイ!!!


ほほう、あさがおさんも中選挙区時代をご存知ですか。中々ご聡明なのですね。

今回に共産党は比例単独が多いのは、野党共闘のために小選挙区の候補をおろしているからです。

確か比例単独も小選挙区と比例の併願も、供託金の額は変わりなかったはず。600万円です


楽観的な観測ももちろんアリですけど、客観的にみると、今回の選挙はやや苦しいものになる気がしますね。野党側にはね
ツイッター
プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)
H28年12月時点で32歳の後期少年であり、法闘士と共産主義伝道師をやっている在日韓国人の鄭徒均(チョン・ドギュン)のブログ。

「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義の暖かい息吹と光で日本及び全世界で共産主義革命を起こすのが人生の目標。
目標とする人物:21世紀型共産主義学派経済学者のトマ・ピケティ


在日韓国人だが、日本生まれの在日であり、韓国語を全く話すことができないし、キムチを一回も食べたことがない。
また韓国のコミュニティと何の繋がりも持っていない。
食生活は日本人野郎と全く同じようなもの。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。

しかし偏差値を27.5から35くらい上げて慶応ワーチムに合格し、色々あった上で、最終学籍にて見事、9学期で教職二冠を獲りながら卒業する。

最終学歴は慶応ワーチム文系卒。



株式投資家もやっているが、現在は不本意ながら低迷中。


トレードアイランドの鄭徒均ページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク