[最強]近所のスーパーで、なんとも言いかねる骨付きすきみ大西洋クロマグロ3パックと、塩振り銀鮭を7切れ購入[無双]

発端
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/15671/1452151222/301n-

あれですね~~
健康で文化的な最低限の食生活として、基本的に、毎週土曜日は宅配ピザ頼んでるんだけど

もうちょっと、コスパのいいものはないかなとか思って、とりあえず近所のスーパーを見てきたんですね

当初考えていたのは、塩振り銀鮭を大量に買って食べるというものであったが、何か、掘り出し物が見つかることないかな?と


KC4H0117.jpg

とりあえず、塩振り銀鮭を7切れ買ったんだけど、それの総質量は、
大体885g程度でしたね
当然だが皿を乗せた状態で重量計の電源をONにして、皿抜きの重量である。


で、重要なのはここからで、掘り出し物ないかなと思って鮮魚コーナーに行ったら、
なんかこういうなんとも言いがたい珍品を売っていて・・・・・

KC4H0119.jpg
KC4H0120.jpg
KC4H0121.jpg

骨付き・すきみの大西洋クロマグロである。

基本的に、マグロのこういうワケあり品というか、骨付きすきみの物は、前買った事があるんだけど、異常に食べ辛いんですね
それで安いんだから、当然なんだけど
前買ったのは骨付きすきみではなく、血合いというものであったが

まあ、キハダマグロとかメバチマグロなら、そんなに苦労して食べる意味はないと思うけど、
大西洋クロマグロなら、食べる価値は結構あると判断したと


あれよ、クロマグロって、まともな品はとんでもなく高いんですね

読者諸兄、スーパーの鮮魚コーナーでクロマグロの価格見たことある?
赤身で100gあたり、698円(税抜き価格)あたりが標準である。
中トロだと、1000円台になるような気がする

それが、こういう量で、1パック500円であった。

見た感じ、可食部分が中々ありそうだったので、3パック買った。


1パックの質量を計ってみたところ、899gあったわけですね
KC4H0118.jpg

さて、可食部分がどれだけあるやら、ですね

当然、これが全部可食部分なら、一食で1パックで十分なんだが(むしろ多い)

どれくらい骨で重量を取られている?


あ、ちなみに、8%外税乙!ってことを忘れていた。

500円の大西洋クロマグロのパック三つと、塩振り銀鮭7つで、全部の価格は2754円だったんだが・・・・

ピザよりも高くなりましたね
ピザというのは、まあ冒頭のリンク先にある、Lサイズのベーシックピザチーズ増量Lサイズ+山盛りポテトを、
1000円引きクーポンを適用して、2100円にするものだが

まあ、今回の大西洋クロマグロと鮭の方が、量的には多いんだろうけど、まあ可食部分がどれほどあるかですね


試験勉強的には、DHAなどの魚油成分を多く含む大西洋クロマグロというのは、正解に思いたいですね~




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)
H28年12月時点で32歳の後期少年であり、法闘士と共産主義伝道師をやっている在日韓国人の鄭徒均(チョン・ドギュン)のブログ。

「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義の暖かい息吹と光で日本及び全世界で共産主義革命を起こすのが人生の目標。
目標とする人物:21世紀型共産主義学派経済学者のトマ・ピケティ


在日韓国人だが、日本生まれの在日であり、韓国語を全く話すことができないし、キムチを一回も食べたことがない。
また韓国のコミュニティと何の繋がりも持っていない。
食生活は日本人野郎と全く同じようなもの。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。

しかし偏差値を27.5から35くらい上げて慶応ワーチムに合格し、色々あった上で、最終学籍にて見事、9学期で教職二冠を獲りながら卒業する。

最終学歴は慶応ワーチム文系卒。



株式投資家もやっているが、現在は不本意ながら低迷中。


トレードアイランドの鄭徒均ページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク