夢の日記記録  二番目の夢→一番目の夢の順番

今日は、なんか重要っぽい夢を見たので、しかも二つ。

二番目→一番目
の順番で、記録をつけておく。


二つ目の夢

FXをやってみた。ForeignExcange  フォーリン・エクスチェンジですね

そしたら、今の種浅学で、プラス100万円とか簡単になるし、一時プラス200万円超になったり、
逆に一時マイナス200万円になって、追加証拠金を要求されたりした。
追加証拠金のルール、強制ロスカットのルールは、現実で知らないので、現実で知らない内容は夢にも出てきませんね
それは、ドル円が戻ったことで、マイナス200万円も含みで済んだけど
現実だと、強制ロスカットとかになるんですかね

それで、取引しまくってたら、手数料不足になって、手数料を要求されたから、
勢いで、ゆうちょ銀行から、ニュージーランドの業者に200万円入金してしまったw(現実には無い)


まあ、FXは投機性の高さと、株式では出来ないことがいくつかありますね

株式は、ジャップの時間で午前9時から15時までしか開いてないけど、FXは24時間営業している点

同日中に同一銘柄の売り→買い→売り、買い→売り→買いという日計り取引は出来ないが、
FXは何度でも往復できる点


ただ、FXについては、やはりドル円が上がるか下がるかに賭ける二分の一ゲームである点と、
雑誌、インターネットなどで、前々から危険性が指摘されてるからね
種船を一気に失うと。

ただ現状の種浅学の少なさから言うと、FXに進出して、利益が出た分は観念して、20%の税金を支払う、
利益総額が350万円、450万円などになったら、諦めて障害年金一時停止を受け入れることなど

中々の夢でしたね、よく考えさせられた


続いて一番目の夢

地下60階まであるエレベーターがあって、それは途中、地下52階に相当するあたりで溶岩エリアを通り、とても温度が高い

そのエリアを短時間に二回通ると、エレベーターが耐え切れず、爆発する(よく考えてみれば、中にいる人間の方が耐え切れない)

結果から言うと、エレベーターが短時間で二回通る、つまり地下60階まで行ってから戻って、耐えられずに自分は死亡した。

実際には、一度地下60階まで降りた後は、最低20分は上に行けないという安全措置が設定されていたらしいけど

とりあえず、エレベーターっていう密閉空間は、逃げ場が無いので、色々と怖いですね~~
「地下の溶岩地帯を通るエレベーター」っていうのは、中々に斬新だったけどね

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
最新記事
ツイッター
プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、矯日活動家、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、矯日活動家、法闘士、共産主義伝道師)
連絡先メールアドレス:
perfectcommunism
@gmail.com


H30年(2018) 2月5日プロフ更新


現代人類文明の研究者。
学位は観光学士。
トップレベル私立大学・慶応ワーチム観光学部観光学科にて、法律と政治を学び、教職課程の二冠(単位、介護体験)を達成し、9学期の在籍で見事に卒業。
大学時代のGPAは1ポイント台中盤。

現代人類文明全般を研究しているが、社会保障と人権問題を軸に、それを取り巻く政治状況(各国の大統領選、総選挙、テロ組織など)を踏まえて解析している。


国政選挙においては必ず投票に出向き、日本共産党に必ず比例代表制で投票する(小選挙区制は立憲民主党など適宜判断する)、国政において重要な役割を果たす有権者。

伝統的な朝日新聞購読家庭。東京新聞もぜひ読みたいと思っているが、二紙の購読は負担が重過ぎる。

矯日家。(反日ではなく矯日)
未開な後進国である日本の未開な民族の啓発、矯正教育を行うことが使命。
この使命のために、日々、人類文明や国内状況の研究にいそしんでいる。


「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義を理想としている。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。


トレードアイランドの鄭徒均ページ



Copyright 2018 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2018 R.O.H.A.N by PLAYWITH Corporation. All Rights Reserved.

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク