最近の株式売買 まあ無難に成功?

累計

6月末~今日までの株式売買記録


1092円で日産自動車を200株購入 手数料は210円発生   218610円支払い
1144円で日産自動車を200株売却 手数料は260円発生   228540円獲得
308円でトレイダースを700株購入 手数料は260円発生   215860円支払い
315円でトレイダースを700株売却 手数料は260円発生   220240円獲得 

この間のトレードでは 日産自動車の売買で9930円獲得  トレイダースの売買(デイ)で4380円獲得


最後の取引としては、

1499円でブランジスタを100株購入 手数料は105円発生   150005円支払い


なんで日産200株を取り戻さなかったかっていうと、日産200株持ったままだと、クレジットの支払いに足りないからっす

なんでブランジスタ買ったかというと、チャート見て買い時と判断したからと、
貸株金利の利率が高いからですね

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

このチャートを見て買いなのか?

No title

日産は配当良いから長期保有も良いけど、今週は短期保有でも良いタイミングでしたね。

リーフのバッテリー問題がどうなるかだな

No title

>2017-07-09(11:00) さん

リーフのバッテリー?ちょっと、細かい内容については存じ上げない
日産が自動車に使っているバッテリーのこと?


>H.R.T君

そうだねえ 色々な考え方がある。
一つ言っておくと、今はGMOクリック証券で、日経225銘柄の貸株金利十倍キャンペーン中で、普通は0.1%しか貰えない貸株金利が1.0%もらえる
できることなら、日産の保有を続けたかったとは思っている
が、クレジット支払いのためには、200株持ったままは無理だった

>2017-07-09(10:19) さん

ブランジスタのこと?
チャートを見て買いというよりは、この銘柄は 専ら、貸株金利をお目当てにしている。
株価が下がらず、現状維持を続けるだけでも十分OKってこと

現在のところ、貸株金利の利率は10%ある。

株価が1490円だから、一年間に貰える貸株金利は全部合計で1490円ってこと

これを365日で割った額が、一日に発生する貸株金利ね

40.82円  一日に貸株金利が発生する。

No title

>株価が1490円だから、一年間に貰える貸株金利は全部合計で1490円ってこと

ここ訂正

株価が1490円を100株ということは、株式の評価額は149000円
それの10%である14900円が、一年間に発生する貸株金利

リーフ(日産の車種名)のバッテリーの信用性がないってことで、中古の下取り価格が下がってるというスレタイを見た
読んではいない
しかしブランジスタ大好きだな

No title

なる

一車種のことで、日産全体の株価に大きな影響を与えないのでは?


特にブランジスタ企業に好感を持っているのではなく、
貸株金利の高さと、チャート見て、これ以上ダダ下がりはしなそうと判断したから買った
ツイッター
プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)
H28年12月時点で32歳の後期少年であり、法闘士と共産主義伝道師をやっている在日韓国人の鄭徒均(チョン・ドギュン)のブログ。

「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義の暖かい息吹と光で日本及び全世界で共産主義革命を起こすのが人生の目標。
目標とする人物:21世紀型共産主義学派経済学者のトマ・ピケティ


在日韓国人だが、日本生まれの在日であり、韓国語を全く話すことができないし、キムチを一回も食べたことがない。
また韓国のコミュニティと何の繋がりも持っていない。
食生活は日本人野郎と全く同じようなもの。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。

しかし偏差値を27.5から35くらい上げて慶応ワーチムに合格し、色々あった上で、最終学籍にて見事、9学期で教職二冠を獲りながら卒業する。

最終学歴は慶応ワーチム文系卒。



株式投資家もやっているが、現在は不本意ながら低迷中。


トレードアイランドの鄭徒均ページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク