( ゚∀゚)可能性の鮭6切れ &知能を持ったエビやイカや豚VS唯一の仲間の牛に乗った・・・・

KC4H0471.jpg

前回、鮭の焼き方に失敗したので、今回はその反省を生かして、

6切れ!!

焼きました

なお鮭のお値段は、100g当たり238円が、三割引きという 前回と変わらないお値段ですた

KC4H0472.jpg

オーブントースター庫内

なんか、ダメな詰め込み方に見えますね~~詰め込み過ぎじゃない?

鮭の量が多い分だけ、庫内の温度上昇も鈍く、前回より2分くらい長く加熱したけれど、前回より少しだけ火の通りが弱いという結果に
生焼けにはならなかったっす
水分を補給する必要はなかった。

KC4H0473.jpg
特にきれいに仕上がったわけではないが、そんな致命的に悪い仕上がりでもない


これ以外には、アメリカ産牛肉の良さそうなものを売っていたので、買っといた
KC4H0470.jpg
100gあたり178円の定価から三割引き!!


知能を持ったエビやイカや豚VS唯一の仲間の牛に乗った陽春
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/15671/1482753215/l50
1 :名無しさん:2016/12/26(月) 20:53:35 ID:c6O25Vm20
陽春さんは偏食でエビやイカや豚などはいつも食べず牛だけを食べていた
ある日急に全ての生き物に知能が宿る
ほとんどの生き物は今まで通りおとなしくしていたがエビやイカや豚は陽春さんに復讐するために陽春さんを殺すために行動する
一方牛は陽春さんに感謝をしており・・



豚肉の方が安いのだろうけど、おれは豚肉食べられないからな
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そういう食生活してると、人生の後半生に健康面で苦しむことになるよ。
糖尿病、痛風、動脈硬化etc...
もう手遅れかもしれない。

No title

それねwwww

よく、再チャでもそのことについて脅される。

確かに、健康的な食生活とは言い難いな。

何か、いい抜け出し方はないかな・・・・


それはそうとしても、今回の鮭6切れとか、アメリカ産牛肉切り落としについては、
特に問題ないんじゃない?


http://perfectcommunism.blog.fc2.com/blog-entry-258.html

真に問題なのは、このように一回牛丼4杯を、24時間以内に二回食べるようなことだと思う。
こちらについてはどう思う?
ツイッター
プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)
H30年(2018) 2月5日プロフ更新


現代人類文明の研究者。
学位は観光学士。
トップレベル私立大学・慶応ワーチム観光学部観光学科にて、法律と政治を学び、教職課程の二冠(単位、介護体験)を達成し、9学期の在籍で見事に卒業。
大学時代のGPAは1ポイント台中盤。

現代人類文明全般を研究しているが、社会保障と人権問題を軸に、それを取り巻く政治状況(各国の大統領選、総選挙、テロ組織など)を踏まえて解析している。


国政選挙においては必ず投票に出向き、日本共産党に必ず比例代表制で投票する(小選挙区制は立憲民主党など適宜判断する)、国政において重要な役割を果たす有権者。

伝統的な朝日新聞購読家庭。東京新聞もぜひ読みたいと思っているが、二紙の購読は負担が重過ぎる。

矯日家。(反日ではなく矯日)
未開な後進国である日本の未開な民族の啓発、矯正教育を行うことが使命。
この使命のために、日々、人類文明や国内状況の研究にいそしんでいる。


「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義を理想としている。


在日韓国人だが、日本生まれの在日であり、韓国語を全く話すことができないし、キムチを一回も食べたことがない。
また韓国のコミュニティと何の繋がりも持っていない。
食生活は日本人野郎と全く同じようなもの。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。


トレードアイランドの鄭徒均ページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク