生まれて初めてのラーメン二郎体験 2月14日 最高気温「9度」で半袖無双圧倒!!

今日は生まれて初めてのラーメン二郎を体験してきますた  府中店ね。

ラーメンといえば、何かと再チャ板で二郎、二郎と推されていたので、一度行ってみることになっていた。

例によって、半袖シャツ一枚で出かけたけど、
今日の18時過ぎの府中駅エリアは、寒かったな~
流石に、こういう時間帯にこの季節、半袖シャツ一枚は少し辛い部分がある。

KC4H0385.jpg

これがラーメン二郎が入るビルの入口の通りに入るところ


KC4H0386.jpg

ラーメン(大)というメニューが800円だったので、それの食券を購入
他に(小)があったが、(中)というのはなかった気がする

チャーシューは、本来は二枚乗っているとのことだったが、食べきれないと悪いので、一枚に減らしてもらった

ニンニクは多目で。

ラーメン自体の感想としては

麺がうどんのように太く、非常に独特のものだと思った。

また、スープが異常に塩分濃度が高く、飲めなかった。
おれは本来はラーメンのスープは、ラーメン店のものは原則として全て飲むけれど、二郎のは塩分濃度が高すぎた。

モヤシを大量に盛っているのも特徴的で、なんというか、旧来のラーメンとされるものとは違う、

近年に出現してきた、全く新しいタイプのラーメン店なのだと思った。

このスープは、飲むことを想定して作られていなくて、これに野菜などをつけて食べて下さいってことなんかな?


とりあえずラーメンの評価としては、あまり良い評点はつけられない感じ

らいおんラーメンの1.15倍程度の容量があるが・・・・それほど美味しいとは言えない。

リピーターになろうとは思えなかった。

次回以降、府中駅エリアで麺類食べるなら、らいおんらーめん、あるいはフォーリス内の蕎麦屋ですね

「アンテンドー」っていうパン屋がフォーリス内にあるけれど、それの「やりすぎチーズ」っていうメニューが美味しそうだが、

17時以降などの時間帯になると、最後の焼き上げから時間がかかりすぎていて、チーズが冷めて固まっていて、マズいです



フォーリス地下で、鮭が売っていたので、購入しといた

KC4H0387.jpg
KC4H0388.jpg

( ゚∀゚)可能性の鮭

ラーメン二郎が期待外れだったので、鮭で補っといた

今日は2切れだけ食べて、3切れは明日以降にとっておこうと思う


あとラーメン二郎の店内、非常にラフな感じだった。

らいおんらーめんには、女性も少なからず訪れるが、ラーメン二郎府中店には女性は皆無であった。

正直、ああいうラフな店内はおれも好まないぜ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ツイッター
プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)
H30年(2018) 2月5日プロフ更新


現代人類文明の研究者。
学位は観光学士。
トップレベル私立大学・慶応ワーチム観光学部観光学科にて、法律と政治を学び、教職課程の二冠(単位、介護体験)を達成し、9学期の在籍で見事に卒業。
大学時代のGPAは1ポイント台中盤。

現代人類文明全般を研究しているが、社会保障と人権問題を軸に、それを取り巻く政治状況(各国の大統領選、総選挙、テロ組織など)を踏まえて解析している。


国政選挙においては必ず投票に出向き、日本共産党に必ず比例代表制で投票する(小選挙区制は立憲民主党など適宜判断する)、国政において重要な役割を果たす有権者。

伝統的な朝日新聞購読家庭。東京新聞もぜひ読みたいと思っているが、二紙の購読は負担が重過ぎる。

矯日家。(反日ではなく矯日)
未開な後進国である日本の未開な民族の啓発、矯正教育を行うことが使命。
この使命のために、日々、人類文明や国内状況の研究にいそしんでいる。


「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義を理想としている。


在日韓国人だが、日本生まれの在日であり、韓国語を全く話すことができないし、キムチを一回も食べたことがない。
また韓国のコミュニティと何の繋がりも持っていない。
食生活は日本人野郎と全く同じようなもの。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。


トレードアイランドの鄭徒均ページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク