テレビが壊れ、新調代金を親から貰って、クレジットカード払いにすることにより11月某日までリベレステ200株を保有!!

昨日の天皇賞を映したことで役割を終えたのか知らないけど、テレビが壊れましたね

地上波デジタルに備えて、初めて液晶テレビを買ったのが2010年(H22)で、それが数年後壊れて、その次に買ったものが今回壊れますた

今回壊れたテレビは13年製(H25年製)って記されていたので、なんと3年程度で壊れてしまうというチープなアイテムだったでござる

ブラウン管のテレビは、10年どころか20年だってもったものだけど、液晶テレビはそれよりずっと寿命は短いようで

液晶テレビって、かなり寿命短くて不経済なアイテムかもしれない

一応、世界に誇る東芝製のテレビよ?そんなショボいメーカーのじゃなくて東芝製なのに
前のブラウン管テレビ(三菱電機製)が、10数年以上使ってても未だに故障の気配を見せていなかったのに、
地上波デジタル放送に対応するために、捨てざるを得なかったのは、残念に思っている。
ブラウン管の性質上漏れ出てくる有害領域の可視光線、紫外線、X線をカットする別売のフィルターまでつけて愛用してたのに・・・・


ということで、親からテレビ新調のための代金を現金でいただき、新しいテレビは実際に購入もしたのだが、
支払い手段をクレジットカード払いにすることで先延ばしにし、一時的に現金を獲得した。

なお、新しいテレビは32インチである。壊れたテレビは23インチね
テレビを設置するスペースにちゃんと収まるか、少し心配である。一応計算はした


一時的に獲得した現金+NISAで持っていたみずほFGの100株を売ることにより、
リベレステをもう100株買うことに成功!!!!
1倍が2倍になるのは大きいぜ!!!!
売り
買い

NISA枠で買い付けたものを売るのは少し惜しいことは惜しいのだけど、
リベレステによるキャピタルゲインと貸株金利がそれを上回ると判断した。

貸株金利は、ごくわずかな額なんですけど~~(200株を一ヶ月貸出して、マクドナルドのチーズバーガー一個分程度?)

明日以降は、リベレステのキャピタルゲインはこれまでの二倍だ!!!

前の競馬記事でも書いたけど、経済・金融というものは、あらかじめルールが決められており、それに合わせて利を取りに行かないと勝てないようになっていますね・・・・

デイ・キャピタルゲインを取るという売買手法があって、いわゆるデイトレードっていうものだけど、この手法ではどうあっても勝てるわけがない。
「スプレッド負け」と「手数料負け」の、二重の負けシステムが存在しているから・・・・


リベレステは、今持っている前半の100株を買った時よりは、もう現時点で結構株価が上がってきてしまっているので、
11月末の権利まで、どれくらいの伸びしろがあるか、正直少し不透明ではある。
多分、まだ上がっていって、820円くらいにはなるのかなっとか予想してるけど


株式売買は、基本的には適切なやり方でやっていれば、ちゃんと利は出る。その利は非常識に大きなものではないけれども。
デイ・キャピタルゲインを取りに行くなどの不適切なやり方でやると、利どころかマイナスになるというのが典型的パターンですね

リベレステは、そんなに売買代金が大きな銘柄ではないので、ちょっと種浅学の多い個人投資家がおれに悪意を向けておれを憎悪している場合、
そいつが悪意的に、リベレステをクソ信用豚売り(=空売りのこと。自分の物ではない株を借りて売るという卑劣かつせこすぎる信用取引)すれば、空売り規制(前日比株価マイナス10%超になると発動)がかかるまではリベレステの株価を下落させることが可能ではありますねw

ただ、そんなことしても、買い戻されていってそいつ自身が大きな損をするだけだと思うのだけど。

ちなみにリベレステの売買代金は、2000万円~3000万円くらいで、少ない日は1000万円を切る水準

これから権利月なので、売買代金は増えていくとは思う。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)
H28年12月時点で32歳の後期少年であり、法闘士と共産主義伝道師をやっている在日韓国人の鄭徒均(チョン・ドギュン)のブログ。

「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義の暖かい息吹と光で日本及び全世界で共産主義革命を起こすのが人生の目標。
目標とする人物:21世紀型共産主義学派経済学者のトマ・ピケティ


在日韓国人だが、日本生まれの在日であり、韓国語を全く話すことができないし、キムチを一回も食べたことがない。
また韓国のコミュニティと何の繋がりも持っていない。
食生活は日本人野郎と全く同じようなもの。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。

しかし偏差値を27.5から35くらい上げて慶応ワーチムに合格し、色々あった上で、最終学籍にて見事、9学期で教職二冠を獲りながら卒業する。

最終学歴は慶応ワーチム文系卒。



株式投資家もやっているが、現在は不本意ながら低迷中。


トレードアイランドの鄭徒均ページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク