JRAいい加減にしてくれない?

エイシンヒカリ


掲示板に書いたことなので、もう振り返りたくもないんだけど

昨日の天皇賞、12000円エイシンヒカリの複勝買ったら、ゴミ負けしましたわ・・・・

そもそもひどい。

■昨年のジャパンカップ 二番人気の単勝

■今年の春の天皇賞  一番人気の単勝

■今年の宝塚記念  一番人気の単勝

■今年の秋の天皇賞  二番人気の複勝

人気馬を買って、このように4連敗中だ!

特に特別大きな額をかけて外しているわけではないが、無視できるような安い額というわけでもない。

遅くとも、ドゥラゴミが今年の宝塚記念であのようなことになった時点でもう競馬辞めないといけなかったのに・・・・


ドゥラゴミについては、本来はディープインパクト・オルフェーヴル級のはずだったが、骨折である程度能力が下がってしまい、更に落鉄でポストポンドに完敗した。
宝塚記念は、クソみたいなレース内容で二着。
(どのようにクソみたいかというと、道中ド後方からになってしまい、ちゃんと好位につけられなかったし、ミルコは直線で懸命にインコースを突こうとしているが、インがどうあがいても一切合切開かずに、仕方なく大外に出して追い込むがそれでは間に合わないという負け方)

ドゥラゴミには色々とロマンを感じて夢を見ていたから、そもそも昨年の骨折が判明した時点で、本当にふざけた事態だと思っていた。
ナメてるとしか思えない事態だった。


オッズはJRAが決めているのではなく全体の馬券購入者が決めていること
そもそも負けた馬を選択して買ったのはおれ自身であること
ドゥラゴミが故障、引退したのはJRAの責任ではないこと

この三点を踏まえた上で、いうけど

JRAさ~~~
あんまり連続で人気馬の馬券外させるようだと、それでいつまでも馬券買ってもらえると思ってくれるなよな
もう買わないけど、それでいい?
ドゥラゴミも二度の故障で引退させちゃってさ、あの馬がジャップ競馬界を背負っていく存在だったのに
ディープインパクト・オルフェーヴル級の馬をあんな風に故障引退させていいと思ってるの?最初に骨折させた時点で論外
ちょっとした牡馬クラシック勝ち馬が故障引退したのとはわけが違うんだからな


そもそも、今回の天皇賞にしても、当初は購入予定なんてなかったのに、突発的に買う格好になり、それで見事に外したって経緯

色々とアホ過ぎましたわ

3連敗しているだけに、流石に連敗にも限度があるだろうと思って、食指を伸ばしたら連敗が4に伸びてしまいましたね



経済・金融については、あらかじめルールが決められているので、そのルールに合わせて利を取りに行かないと勝てないのですね

競馬については、三連単72.5%~単勝・複勝80%という払戻率があらかじめ決められているので、超長期的に継続していれば、
どうしてもその払戻率に従って負けるということになりますね


12000円という負け額については、過剰所得者・過剰貯蓄者がこの額をかけて外すというのなら、それはまったくもって健全な競馬事業の光景なんだけど

おれみたいな、これから資産を増やしていく段階の貧困者(発展途上者とも言う)が、この額をかけて外してたらアカンわ、そりゃ・・・・

まあ仕方が無いな。過ぎ去った過去のこととして、未来に進むしかない。


ドゥラゴミがであんなふざけたコトをやらかした上に、天皇賞でゴミシンヒカリまで外させてくれちゃって
先述した通りだが、JRAの顧客にはもうなってやらんぞ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)
H28年12月時点で32歳の後期少年であり、法闘士と共産主義伝道師をやっている在日韓国人の鄭徒均(チョン・ドギュン)のブログ。

「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義の暖かい息吹と光で日本及び全世界で共産主義革命を起こすのが人生の目標。
目標とする人物:21世紀型共産主義学派経済学者のトマ・ピケティ


在日韓国人だが、日本生まれの在日であり、韓国語を全く話すことができないし、キムチを一回も食べたことがない。
また韓国のコミュニティと何の繋がりも持っていない。
食生活は日本人野郎と全く同じようなもの。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。

しかし偏差値を27.5から35くらい上げて慶応ワーチムに合格し、色々あった上で、最終学籍にて見事、9学期で教職二冠を獲りながら卒業する。

最終学歴は慶応ワーチム文系卒。



株式投資家もやっているが、現在は不本意ながら低迷中。


トレードアイランドの鄭徒均ページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク