共産党積極支持にして共産党固定支持層のおれ氏、都知事選では小池ゆりこさんに投票



共産党積極支持にして共産党固定支持層のおれ氏、都知事選においては、小池ゆり子さんに投票

最重要発達障害にして発達障害の王であるADHDの先天付与を受けているおれだが


小池さんが、発達障害の存在を否定する「親学」の信奉者みたいなものであることを承知した上で、その上でも投票した。

まあ、女性都知事っていうのも見てみたくてね

NHKの出口調査の票数及び順位も、下馬評どおりである。


三位までしか表示されていないので、ヘイトモンスター桜木誠人の順位や得票はわからない
ヘイトモンスター桜木2
ヘイトモンスター桜木


なお、おれは前回の舛添さんが当選した時は、宇都宮健児さんに
前々回の猪瀬さんが当選した時も、宇都宮健児さんに
前々々回の石原が当選した時は、石原ではない共産党系の候補に入れていたと思う。


小池さんは自民党の推薦こそ得ていないが、まあ自民党出身者ということで、
自民党に関係する候補者に、初めて都知事選で入れたことになる。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

民進党だけが鳥越さんを擁立したならまだ理解できますが
社民・共産が宇都宮さんではなく、鳥越さんに移ってしまったことについて
どう思いますか?

もし、社民・共産が民進党に相乗りせずに
宇都宮さんを応援して出馬させていたら、かなり健闘していたと思います。
ここまで小池さんに票が集中することもなかったでしょう。
2011年の統一地方選挙で、保坂展人さんが世田谷区長に当選した時みたいに勝っていた可能性もあると思います。

Re: No title

> 民進党だけが鳥越さんを擁立したならまだ理解できますが
> 社民・共産が宇都宮さんではなく、鳥越さんに移ってしまったことについて
> どう思いますか?

わからないっす
そこんところの事情は詳しくない。おれは野党解析の専門家ではないので

>
> もし、社民・共産が民進党に相乗りせずに
> 宇都宮さんを応援して出馬させていたら、かなり健闘していたと思います。
> ここまで小池さんに票が集中することもなかったでしょう。
> 2011年の統一地方選挙で、保坂展人さんが世田谷区長に当選した時みたいに勝っていた可能性もあると思います。

いや・・・・小池さんの当選を崩すことは、できなかったと思われるよ。
一定の健闘はするにしてもね。

小池氏の今回の票数知ってる?
291万票よ。二位以下とは大きな差がついている。

舛添が宇都宮さんを破りやがったときは、200万か210万票というところだった。


まあ、おれが小池さんに入れるくらいだからね
よっぽど、人を引き付ける要素があったんじゃないかな

ツイッター
プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)
H30年(2018) 2月5日プロフ更新


現代人類文明の研究者。
学位は観光学士。
トップレベル私立大学・慶応ワーチム観光学部観光学科にて、法律と政治を学び、教職課程の二冠(単位、介護体験)を達成し、9学期の在籍で見事に卒業。
大学時代のGPAは1ポイント台中盤。

現代人類文明全般を研究しているが、社会保障と人権問題を軸に、それを取り巻く政治状況(各国の大統領選、総選挙、テロ組織など)を踏まえて解析している。


国政選挙においては必ず投票に出向き、日本共産党に必ず比例代表制で投票する(小選挙区制は立憲民主党など適宜判断する)、国政において重要な役割を果たす有権者。

伝統的な朝日新聞購読家庭。東京新聞もぜひ読みたいと思っているが、二紙の購読は負担が重過ぎる。

矯日家。(反日ではなく矯日)
未開な後進国である日本の未開な民族の啓発、矯正教育を行うことが使命。
この使命のために、日々、人類文明や国内状況の研究にいそしんでいる。


「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義を理想としている。


在日韓国人だが、日本生まれの在日であり、韓国語を全く話すことができないし、キムチを一回も食べたことがない。
また韓国のコミュニティと何の繋がりも持っていない。
食生活は日本人野郎と全く同じようなもの。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。


トレードアイランドの鄭徒均ページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク