H28年7月26日未明に相模原で起きた戦後最悪の大量殺人は正真正銘のヘイトクライムであり、もしこれがヘイトクライムでないというならヘイトクライムなぞ存在しない またホームグロウンテロの性質も持っている

大層な事態になりましたね・・・・

凄い事態が発生してしまった。

http://tangoj.com/2016/07/26/86/%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0/
「ヘイトクライム」ツイートまとめ
H28年7月26日

本件が、ヘイトクライムではないとか否定することを言う奴(いつもなら知○○害者と言うところだが、今回は事態が事態だけにこの単語を使わない)がいるけど、
これがヘイトクライムでないわけがない。正真正銘の、障害者に対してのヘイトクライムであり、同時にホームグロウンテロにも当てはまると思う。
もしこれがヘイトクライムでないというなら、世界にヘイトクライムなぞ存在しないということになる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0
こちらがヘイトクライムのウィキペ


いや~大層な事態になった。本当にね。

今回は、あまり言葉を多くして語るべきでもないと思うので、出来る限り短めにまとめよう・・・・

年金

おれは最重要発達障害にして発達障害の王であるADHDの先天付与を受けていて、それで当然に障害年金受給してるんですけど~

何故か、この額が最低限未満の月65000円という額であるにも関わらず、「不正受給」などと不当に醜化してくる奴が後を絶たない感じなんですけど~

こういうところが、劣等民族チョッパリ(日本人野郎)の劣等性の証明なのではないかと思う。

客観的事実でみても、おれは間違いなくADHDの先天付与を受けているし、
メスを従えたことが一度もない、正真正銘の弱者にして、弱者の中の弱者である。
ゆえに間違いなく受給資格がある、正当な受給権者なんだけど、何故か醜化が後を絶たないんだよな~
やはり、日本人野郎の反社会性、劣等性の証明なのだろうか・・・・

これくらいの弱者に対しては、国は月14万円くらいは支払うべきだと思うんだけど、
何故か6万5000円しか支払ってくれない。

これについては、次の年金更新でもし落としてきたら、国家賠償請求を起こして、
年額150万円程度の、「発達障害専用年金」の創設でも訴えるプランがあるにはある。

まあ、明日の新聞の朝刊で、今回のヘイトクライム犯が衆院議長に送ったという手紙が掲載されると思うから、
それに対して突っ込みを入れることにしよう。


ヘイトと言えば、現在都知事選に立候補して出馬中のこの人
ヘイトモンスター桜木2
ヘイトモンスター桜木


少し、ヘイトモンスター桜木誠人のYoutubeを見てみたけど、
「自活できない外国人は、日本国内には居住させない」という入管法の条文を持ち出した上で、
「外国人への生活保護を停止」っていうのを強く全面に出して訴えてるのね。

一応言っとくと、その外国人に生活保護を与えているのは、人道上の観点からであり、
これは国連から義務付けられていることでもある。
ジャップが在日外国人への生活保護を停止するなどしたら、ジャップは国連からの制裁対象になるぜ。
人権条項に対する違反でね

そして、生活保護をいただくということは、ジャップが後進国でその人ができる仕事を提供できないか、あるいは、
今回のヘイトクライムの対象になった障害者であることだと思う。

また、ヘイトモンスター桜木誠人は、Youtube見たところ、「問題のすり替え」もしていた。

例の「おにぎり食べたい」と言い残して餓死した人(日本人)を持ち出した上で、
外国人への生活保護支給を叩いていたけれど、
これ自体が、ただの問題のすり替えに過ぎないと思われる。

ジャップ政府が、日本人である「おにぎり食べたい」の人に支給しなかったのが悪いというだけの話で、
それで受給している在日外国人の方々が悪いということにはならんだろう・・・・

日本人にも、在日外国人にも両方に支給すればいいだけの話。

財源?過剰所得者から、重税を奪えばいいだけの話。

トマ・ピケティさんがしるした新たな21世紀型共産主義の理想に基づいた書籍「21世紀の資本」にある通り、
過剰所得者をグローバル課税で逃がさないようにしないと・・・・


過剰所得者が不当に得ている過剰な所得から徴税すれば、ちゃんと財源は出来る。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)
H28年12月時点で32歳の後期少年であり、法闘士と共産主義伝道師をやっている在日韓国人の鄭徒均(チョン・ドギュン)のブログ。

「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義の暖かい息吹と光で日本及び全世界で共産主義革命を起こすのが人生の目標。
目標とする人物:21世紀型共産主義学派経済学者のトマ・ピケティ


在日韓国人だが、日本生まれの在日であり、韓国語を全く話すことができないし、キムチを一回も食べたことがない。
また韓国のコミュニティと何の繋がりも持っていない。
食生活は日本人野郎と全く同じようなもの。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。

しかし偏差値を27.5から35くらい上げて慶応ワーチムに合格し、色々あった上で、最終学籍にて見事、9学期で教職二冠を獲りながら卒業する。

最終学歴は慶応ワーチム文系卒。



株式投資家もやっているが、現在は不本意ながら低迷中。


トレードアイランドの鄭徒均ページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク