12月17日 株式市場観測データ

12月17日指数
12月17日ETF


今日は取引なし。クレジットカード支払いのためにいくらか出金する必要があったので資金回転できないのと、
2限及び3限が授業だったので。

ゆえに、今日の全体株価の推移だけ解説する。

前場は、寄り付いてからの少しの不安定な時間を除外して考えると、
9時20分~前引けまで、ほとんど値幅が無い。

後場からは少し動きが出てくる。

12時45分から、少し大きめの陰線が三連続で出ているのが、しいて言えば注目点である。
以後も下げ基調で推移し、12時45分の19471.84円から、13時55分には19335.86円まで、
1時間10分の間で140円弱も下落した。この動きは、比較的激しい値動きと呼ぶことができるであろう。

その後は上げ下げして、結局300円台の上げ幅はキープして大引けを迎えた。


ジャップ時間17:30時点での欧州株価指数
12月17日欧州株

上げすぎだろw


多分、明日も日経平均及びTOPIXは、ギャップ・アップして始まる。
寄り付いてから20分くらいは、不安定で上下どっちに行くか予想がつかないので、基本的に寄り付きから20分間は、
手を出さず傍観が無難である。寄り付きすぐに売買を開始するのは、成功時は儲かるが失敗時は損をする、要はギャンブルみたいなもの。


日経平均は、来年に21000円とも22000円に行くとも言われている。

利上げによる超ドル高になるからである。

利上げで逆に円高ドル安になって、ドル円110円になるとか知的障害者丸出しの意見をしたり顔で経済ニュースサイトに投稿してた奴wwww息してるーーー???www
トンチンカンっていうのか、天邪鬼っていうのかよくわからないが

どう考えれば、利上げでドル安になってドル円110円になるのか、まったくもってわからないんだが。


現在のドル円

122.41  H:122.65  L:122.21  ▲0.14%  +0.17  [17:37]


全体株価は、今後年末にかけて、および年明け以降も上げていくと思われるので、
そして特にザラ場での陽線というよりは、日をまたいでのギャップ・アップが多いように予想している。

このため、その日の取引を終える時は、最後にレバ・ブルのETFを買って、翌日に持ち越すということを繰り返していれば、
成功することも多いであろう。


むろん、上記は概論に過ぎず、短期的な過熱感が出てきた場合は、適宜ベアのETFに持ち替えるなどの臨機応変な投資行為が求められる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)
H28年12月時点で32歳の後期少年であり、法闘士と共産主義伝道師をやっている在日韓国人の鄭徒均(チョン・ドギュン)のブログ。

「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義の暖かい息吹と光で日本及び全世界で共産主義革命を起こすのが人生の目標。
目標とする人物:21世紀型共産主義学派経済学者のトマ・ピケティ


在日韓国人だが、日本生まれの在日であり、韓国語を全く話すことができないし、キムチを一回も食べたことがない。
また韓国のコミュニティと何の繋がりも持っていない。
食生活は日本人野郎と全く同じようなもの。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。

しかし偏差値を27.5から35くらい上げて慶応ワーチムに合格し、色々あった上で、最終学籍にて見事、9学期で教職二冠を獲りながら卒業する。

最終学歴は慶応ワーチム文系卒。



株式投資家もやっているが、現在は不本意ながら低迷中。


トレードアイランドの鄭徒均ページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク