チクショウ今日も負けだ!! ~チェーン・ディストラクション~

7日


えと~~
今日は売買する気なかったんですけど~~

エンビプロホールディングスが、朝の寄り付き前の気配の感じで、
微妙な気配値だったので(いつものことだが)
おれが手持ちの100株、成り売り注文出したらどう変化するかを試したくて、成り売り注文を出してみた。

見せ板は違法行為であるとは一応認識しているけど、ごく100株程度、お試しに出すくらい、いいでしょ?
100株よ100株


そうして、成り売り注文を取り消そうとしたら、「現在処理中のデータです。」ってなって、取り消せなかった。

8時台後半になれば取り消せたんだろうけど、ADHDの悪いところで、ウッカリ取り消し忘れて、
そのまま寄り付きで成り売られてしまった。

その後は、なんとかしようとして、アクロディアに手を出して大火傷。

まあ、種浅学が少ない分、額としては小さいかもしれないが

画像見てわかる通り、625円で100株買って、成り売り結果594円で100株売ることになった。

つまり、手数料抜きでも、3100円も大損。
連鎖的に損をした。これぞチェーン・ディストラクションってやつか?


そこで苦し紛れに、リプロセルを今度は買ってみたんですけど~~

お?終了間際に、ストップ高張り付き??


しかも、引け後に、スゲーIRが出ましたね

リプロセルが京都大学iPS細胞研究所と共同研究契約を締結

リプロセル<4978.T>がこの日の取引終了後、京都大学iPS細胞研究所とsrRNA(自己複製RNA)を用いた、ヒトiPS細胞から特定の種類の体細胞への分化誘導法の開発に関して共同研究契約を締結したと発表した。

 同研究は、srRNAを用いてヒトiPS細胞から特定の種類の体細胞を作製する方法の開発を目的としたもの。これまでヒトiPS細胞から特定の種類の体細胞を作製する際には、主にタンパク質や低分子化合物を添加する方法が用いられてきたが、細胞によっては、作製効率が低く、要する時間も長く、また十分な量を得るには多くの労力とコストが発生することが課題となっていた。

 同社が開発するsrRNA(self-replicating RNA=自己複製リボ拡散)は、外来因子のゲノム挿入の恐れがない、安全な遺伝子発現を可能にするほか、複数の遺伝子を搭載させることも可能で、iPS細胞をはじめとした様々な細胞に対して、効率良くかつ持続的に目的の遺伝子を発現させることができるという。これを用いて、効率の良い分化誘導方法を開発することで、低コストで迅速に十分な量の特定の種類の体細胞を得られることが期待されている



このリプロセルだけど、かなり明日以降に期待できそうだな。

もしかして、株価3000円とか行くんじゃね?つまり501円で買ったのが六倍。

とにかく、上がれば上がった分だけ、ドゥラメンテ単勝買うぞ!!!!!!

なお、リプロセルは上場来安値圏の模様
上場来安値圏


現在の保有リプロセル株式
リプロセル
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)
H28年12月時点で32歳の後期少年であり、法闘士と共産主義伝道師をやっている在日韓国人の鄭徒均(チョン・ドギュン)のブログ。

「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義の暖かい息吹と光で日本及び全世界で共産主義革命を起こすのが人生の目標。
目標とする人物:21世紀型共産主義学派経済学者のトマ・ピケティ


在日韓国人だが、日本生まれの在日であり、韓国語を全く話すことができないし、キムチを一回も食べたことがない。
また韓国のコミュニティと何の繋がりも持っていない。
食生活は日本人野郎と全く同じようなもの。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。

しかし偏差値を27.5から35くらい上げて慶応ワーチムに合格し、色々あった上で、最終学籍にて見事、9学期で教職二冠を獲りながら卒業する。

最終学歴は慶応ワーチム文系卒。



株式投資家もやっているが、現在は不本意ながら低迷中。


トレードアイランドの鄭徒均ページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク