FC2ブログ

[重要]不穏当さを増す現代人類文明 ラディカルフェミニズム掲載ブログ紹介を含めて、考察いたします。現代人類文明はどこに行くのっと

ミャンマーで、軍が民主化を求めるミャンマー民間人に発砲しまくって虐殺しましたね。
これは、まさしく中国の天安門事件の、小規模版が現代に起きたのではないですか?


米大統領選で、せっかく、バイデン大統領を選べたのに・・・・
トランプ容疑者が仮に再選されてしまっていた場合、このミャンマーの状況にも特に本心から止めには入らないでしょう。(もちろん、政権全体の姿勢としては止めに入る姿勢は見せるだろうけれど)

トランプ容疑者には、民主主義や人権問題への関心なんて全くないですからね。

有本香がバカ丸出しに、池上彰さんの「トランプ容疑者には人権問題への関心がない」という発言に対し、食ってかかっていたけれど、
トランプ容疑者は、中国の新疆ウイグル地区・香港などでの中国共産党政府(習近平が率いる)による、人権抑圧(新疆ウイグル地区の女性への不妊手術、強制労働、香港の民主化に対する弾圧など)に対して、それをやめさせようと、対中国アグレッシブな姿勢を取っていたようですが。

そもそもそれは、全てただの再選を目的とした材料でしかなかったです。
コロナウイルスが中国から発生しており、そのウイルスにより米合衆国が甚大な人的被害を受けているので、
中国を攻撃するネタが、なんでもありさえすれば、それをネタに中国を叩けば、自身の再選を利するという読みから、人権問題をダシにして、中国を叩いていたに過ぎません。たまたまダシになり得るのが人権問題だったからというだけで、他のものがダシになるのであれば、それをダシにしていたのは間違いありません。


事実、「中国が米国産農作物を多く買ってくれれば、両国間の関係は良いものになるだろう」と習近平に伝えています。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-17/QC36F0T0AFB901

↑ボルトンさんの暴露本内容
トランプ容疑者は、習近平主席と、そもそも仲良し同類です。
たまたまコロナが発生し、たまたま中国と米合衆国が強く対峙することになったというだけ。
コロナがなければ、トランプ容疑者は、再選できていた可能性あるし、その場合、中国の習近平には甘~い顔をしていたのは間違いありません。

私はイランを、適切な国家とは認めていませんが、
そのイランの最高指導者・ハメネイ氏が、前にトランプ容疑者の政権と揉めた折には、
「誠実な言葉とは、トランプのような人間の口からはおよそ出てこないものだ。ゆえに、トランプのような人間と誠実な話し合いなどできる余地など、あろうはずもない」
とのことでした。私は、イランもハメネイさんも、あまり適切な国家や人物とは思っていませんが、トランプ容疑者に対する評としては、ほぼ全て同意いたします。



さて・・・・・
ところで、このようなラディカルフェミニズムを紹介するブログがあります。

実家暮らしの「低価値男」は切り捨てよ!アメリカ女性の恋愛工学”FDS”は日本でも広がるか

https://mgtow.hatenablog.com/entry/20210316/1615892844
https://megalodon.jp/2021-0401-1959-38/https://mgtow.hatenablog.com:443/entry/20210316/1615892844
↑念のための魚拓(というか、もう消えてた)

>高価値男は誠実で忠実、そして巨チン力を持つ
>EDの粗チン男で時間をムダにするコックホルム症候群になるな
>この男の遺伝子を存続させるチャンスという、私たちの神聖なものを提供する価値はあるか?
>ポルノ、SM、ワンナイトラブ、性風俗は女性を抑圧し、劣化させる
>自然の法則:マンコに価値があり、チンコに価値はない
>ヒトはその果てに何を見つけるのか


重要な見出しを、抜き出しておきました。


要するに~~
高価値男と交際することが、自身(女性)の価値を高め、保持する。巨チン力っていうのがギャグめいてますが。高価値男は、肉棒も立派なものを持っていると言いたいそうです。
自尊心の低さから低質な男性と妥協して交際する女性は、女性全体の価値を引き下げる、Pick meishaなどとされて、ラディカルフェミニストからの攻撃対象になるらしいですね。
『Pickmeishaは攻撃の対象とされ、彼氏が低価値男だと指摘されても否定し擁護するものは「コックホルム症候群」に陥っているとされる。』
とのことです。大きなお世話と言いたいですが、現代人類文明には、このような主張をする勢力がいるということには一定の注意を払う必要があるでしょう。
その男の遺伝子を存続させる権利。そうですね。それは、確かに女性が生得的に持っている、神聖な権利なのかもしれない。
なかには、その権利を、好きでもない男性に濫用・盗用されて、公衆トイレで新生児遺棄を行う母親もいるらしいですが。
死別以外のシングルマザーだってそんなものでしょう。死別以外のシンママだって、要するに生まれてきた子供の育児などを分担受けもしない、または養育費すら支払わない、下らない低質な男性であることが多いですよね。
死別以外のシンママは、要するに下らない低質な男性に、女性が生得的に持つ神聖な権利を濫用・盗用された上、経済的な不利益まで受けている・・・・とでも言っておきましょうか。
そして、そのケースはさして少ないものでもありません。
あんまり、当権利を絶対価値化しない方がいいのでは、とも思いますがね。

女性器に価値があり、男性器には価値がない という言及について。
これについては、当該女性器の保有者が、20代後半などまでの若い時期限定のお話ではないのでしょうかね?

誰かさんが何度も何度も口を酸っぱくして言っていたけど、

「ババアに価値はない」「ババアは生きていてもムダ」

などという主張がありますよね。これを言っているのは、その人のみではなく、例えば有名政治家などでは、石原慎太郎も言及していましたよね。
『子供を産めない年齢になった閉経した女性が、高齢者に分類されるような年齢になってまで生き続けるのは、ムダであり、罪な事だ』
みたいなことを言っていませんでしたか?

◆ヒトはその果てに何を見つけるのか

誰かさんと石原慎太郎のみならず、数多くの人、主に男性らが、全員ではないものの、一部がこの考えを持っています。

特に、女性の年齢が30を過ぎると、急激に苦しくなるらしいですよ。35を過ぎるともっと急激に苦しくなるそうです。
出会い系サイトやマッチングアプリでも、急に食いつきが悪くなるのだとか。

この、米合衆国の女性向け恋愛工学、FemaleDatingStrategyとやらは、より本能的な視点からの男女論を解説しているだけに思えます。
特に、その女性が生涯保持し続けることが原理的にはできない前提を置いているのが大きな瑕疵なのでは?

◆女性は常に妊娠と出産が可能であり
◆女性は常に若く魅力的で、肉体とその女性器はほぼ全ての男性にとって魅力的な価値のあるものだ

この上記前提って、せいぜいその女性が、10代から20代後半、もうちょっともっても30代前半くらいまでしか備えられない前提ですよね?
前提を保持できない年齢になったら、一体どうなるのっと

それこそまさしく、
誰かさんや石原慎太郎の主張するような、
『子供を産めなくなった年齢の女性が、閉経後に何十年も生き続けることは無駄な事であり、意味のないことだ』

っていう主張に一切対抗できないものですよね。

今の時代、閉経後の女性の生きる時間、いったい何十年ありますか?40歳くらいで閉経するとしても、45年くらいはあるんじゃないですか?
全ライフタイムのうち、半分も行かないで閉経するということですね。

女性の人生の時間のうち、半分以上は、閉経後の子供を産めない状態で生きるということです。

そのような年齢状況になった女性に対し、存在や生存をサポートする根拠言説を、FemaleDatingStrategyは提供していないということです。

ただ、クイーンとして高価値男を選別して付き合うだの、自身の持つ妊娠出産可能性だの、肉体の価値・魅力だのをプッシュするだけで、それらが未来永劫続くと思い込んでいる。
続くものではないことは、本人からしてわかってると思うんですが。わかってないなら園児と同レベルです。

男性に対して、物品、金銭などを要求できるだけの若く魅力ある肉体価値が保持されている間は、FemaleDatingStrategyの主張は通用することがあるでしょう。
でも、適齢期過ぎて、男性からの積極的アプローチが来ることもなくなったら、どうなりますか?
前提は一気に反転し、通用しなくなりますね。

女性も男性の年齢を結構気にするのが昨今のようですが
男性は、それよりも更に女性の年齢を気にします。
肌のハリとかモチモチぶり、乳房の弾力などといった要素のみならず、より核心的な、出産可能性という要素もありますので。
閉経したら、もう子供は持てない…最近の40代、50代男性で婚活市場にいる男性は、自分の子供を産んでくれる女性を求めているという人が結構な割合である、という指摘があります。


女性が若く、若さとリンケージを持つ性的魅力などに充実している時でブイブイ言わせられる時期を過ぎた後になってから、
老いてからでも、安心して生きていけるために、人権理論とか、生存権理論が調えられたのです。

女性が若さと美しさを失っても、社会からポイ捨て されないようなセーフティネットが、人権理論であり、生存権理論です(各国の憲法などに依拠しています)

それなのに、FemaleDatingStrategyの主張するような好き放題は、それに反しますよね。このコミュニティに所属しているメンバーは、若さと美しさが永遠のものであり、それによって永遠に男性から奉仕を受けられるとでも思っているのでしょうか。

女性が若さと美しさを失っても、安心して生きていける世界のために人権理論、生存権理論を調えるということは、
男性にもそれを適用するのは言うまでもありません。
FemaleDatingStrategyの主張する中における、LowValueMan(低価値な男)に対しても、もちろんね。

◆こんなコトは、日本国憲法を含めた各国の憲法で規定されていることであり、当然のことなんですが、
(能力、容貌、年齢、性別によらない全国民の平等性の担保)
トランプ容疑者の治世に入る前から、ど~も、その『当たり前』がグラついてきていたと思います。
トランプ容疑者がグラつかせたのではなく、因果関係は逆であり、グラついているからこそアレが当選してしまったと。

加えて、知的障〇者 藤沢数希のこれもご参考下さい。(無料部分で見れる範囲は限られますが)

https://cakes.mu/posts/7234
https://cakes.mu/posts/7181

男性が、女性の肉体やら、それとのセックスを欲しがっている(時に、渇望までする)ことを理解した上で、煽ってますね。藤沢は。


んまー、人間という動物が、サラブレッドの牡馬と牝馬みたいに扱われるようになっているのも、トランプ容疑者が当選してしまった現象とリンケージありますね。
より本能的・原始的な、男女つがい論(一夫多妻&乱交型)に、これまで人類文明が継続してきた婚姻制度やらが揺るがされていますね。

藤沢の、別のページでの言及においては、
『繁殖のチャンスを失っている、または活用し損ねている女性は、子供を持つことも男性に娶られることもできずにマンションで白骨化したミイラとして発見される。』
みたいに言われますね。

https://www.mag2.com/p/news/4526

>現代の日本社会では、お金持ちの愛人やセフレになり、十分に金銭的なメリットを得ることもできるし、
>子供を産むこともできるのだが、じつに多くの女性が、そうした恵まれた機会を自ら拒んでいるのだ。
>そして、経済的なメリットも乏しく、Genesの観点からも低位の男性と結婚したり、
>また、極端な場合は、未婚・子なしで、最後まで結婚を夢見続けることもある。
>一人暮らしの分譲マンションで、白骨化死体が見つかるような将来でいいのだろうか。
>こうして自らの生存確率を引き下げ、繁殖の機会を失っているのだ。結婚にこだわることによって。


相変わらず、藤沢の言及は気持ちが悪いですね。煽っているのはわかっている。

この言説が発表されたのは、2015.01.14となっているので、
トランプ容疑者の治世に入るしばらく前ですね。

私の立場からすれば、一夫一妻制は絶対に断固保持し、不貞は処罰対象とし、すべからく、多くの割合の男性が子供を残していけるような世界しか支持しませんね。
(遺伝性の障害などの保有は一切不問です)

それがために、FemaleDatingStrategyの主張も、知的障〇者藤沢数希の主張も、断固として拒否いたします。


序盤で紹介したブログにおいては、

『男性を殺しましょう!法的に、男性を殺害・絶滅させることができるような法制度を調えて参りましょう!』

という記事もありました。(もうブログ消えてるので紹介することはできません)

『男性は、女性になり損ねた、出来損ないの生命体です!だから、この世からジェノサイドしましょう!』
というのが主旨でした。

まあ、確かに男性には欠陥が生まれやすくはありますね。
これがどういうことか?ということを私の知見から解説すると、私は医学の専門家ではないので、必ずしも正確に全て語ることはできないですが

受精卵の段階での、胎内での胚発生で脳が作られるプロセスにおいて、男脳は女脳よりも工程が多いそうです。

工程の多さが原因となり、男性の脳は、女性の脳よりも先天的なエラーが多く出やすい、という主張が強いです。
発達障害、知的障害などがそれに該当する脳のエラーなのは、言うまでもありません。

道や駅などで、奇声を発しながら歩いたり電車に乗っている人がいるけれど、ほぼ全て男性でしょう?
私は、女性でそういう脳のエラーを持っている個体を見たことがありません。
胚発生段階での脳のエラーは、発生頻度のみならず、重篤性も、男性の方が重くなりやすいようですね。

これです

↑ 能力値の男女分布グラフです。要するに、こういうことですよね?

グラフではわかりにくい人のために、文章で解説いたします。

例:女性22人の能力値分布

能力値2以下:0人
能力値3:3人
能力値4:5人
能力値5:6人
能力値6:5人
能力値7:3人
能力値8以上:0人


例2:男性22人の能力値分布

能力値1:1人
能力値2:2人
能力値3:3人
能力値4:3人
能力値5:4人
能力値6:3人
能力値7:3人
能力値8:2人
能力値9:1人



ほぼほぼ、こーんな分布ですよ。
んま、無難な人生を歩ませたいのであれば、女性を産み分けすることをオススメしますね。致命的なハズレというのが出にくいので。
しかし、突出した個体というのは、ほとんどが男性です。アインシュタインとか数学上、物理学上、化学上、生物学上、思想上の重要・重大な発見をしたり、提唱したのは、ほとんど男性ですね(歴史上の偉人)

現代(プレゼント・タイム)においても、大学やら高校やらで、異常に学力が高い個体は、男性であることがほとんどでしょう。

んま、上記の分布の通り、突出層がいる反面、致命的に劣る層も少なからず含んでいますよ、男性は。

要するに、致命的に劣る層でも安心して平和に生きて行くために、人権論、生存権論が調えられたわけであります。


さて、致命的に劣る層の男性であっても、安心して平和に生きて行き、その先には自身の子孫を残すということが待ち受けていますよね。

これについては、出産可能な年齢の女性が、その人を受け入れないことには、どうにもならないのですが。

ここんところが、知的障〇者藤沢数希とか、FemaleDatingStrategyなどに攻撃されて、トランプ容疑者当選しばらく前からの現代人類文明において、揺らいできているということです。


突出層の男性の遺伝子のみを選好して、後世に伝える?劣っている層の男性の遺伝子は後世には送らない?
それだと、まるでサラブレッドの品種改良と変わりませんね~全く同じだ。

私の立場としては、そういう不穏当なことは断固とした拒否をいたします。

ただ、そういう論や主張が勢いづいてきているのが・・・・・・そう、現代人類文明です。

トランプ容疑者の当選の少し前から、特に勢いづいてきていたというのは、先述の通りです。

もし、2024年に再びアレに政権取られることが、もし仮にもあったとしたら・・・・・
非常に危険かつ不穏当な世界が待ち受けていることでしょうね。

我ら地球市民の大統領である、ジョセフ・R・バイデン大統領と米民主党の導くもとによってしか、平穏な世界や穏当な世界は訪れないのです。

トランプ容疑者の4年間で、ラディカスフェミニズムが加速して、勢いをつけてしまったという見方もあります。

さりとて、私は米合衆国の有権者ではないから、あの国においての一票すら持っていない、何もできない・・・・・残念です。

指をくわえて、ブログを書いて見ていることしかできないですね。


2024年、トランプ容疑者がもしも再度政権を取った先に待つ世界は、優生思想とラディカルフェミニズムが幅を利かす、極めて不穏当な世界です。
(事実、相模原障害者大量殺傷事件を起こした植松聖は、トランプ容疑者に影響を受けたと明言しており、『トランプ容疑者は真実を言っていると思いました。トランプ容疑者は凄いです』と主張していたのは客観的な資料事実です)

バイデン大統領のもとでなら、幸福も平和も平穏も穏当も、少なくとも一定程度は担保されます。されるはずです!

関連記事

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、矯日活動家、フランス型共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、矯日活動家、フランス型共産主義伝道師)
連絡先メールアドレス:
perfectcommunism@gmail.com


にほんブログ村 株ブログ 株日記(アフィリなし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 共産党へ
にほんブログ村


R3年(2021)3月14日プロフ更新


東慶一立観光学部観光学科で法律と政治を専攻し、9学期で卒業。同時に教職課程の二冠(教職単位、介護体験)も達成した教育者、現代人類文明研究者。
現代人類文明研究者の英名は、Scholar of Modern Human Civilizationという。

学位は観光学士。大学時代のGPAは1ポイント台中盤。

日本国国民分断対立 未婚子無し陣営 VS 既婚子有り陣営においての、未婚子無し陣営の最高位の聖騎士であるパラディンビショップの座に就いている。

―矯日の剣、矯日の翼―

現在、国連や先進国群から総バッシングを受けている、人権の保障されていない悪質国家であるジャップに対し、矯正教育を施し、善き道へと導く、教育者としての使命を持つ。(矯日活動家)
この使命のために、日々、人類文明や国内状況の研究にいそしんでいる。

脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
この障害年金は、ジャップ国家からの慰謝料としての意味合いも色濃く持っている。
(幸福が妨げられ、犯罪被害に対して警視庁府中署が怠けて仕事をしないことなどに対する慰謝料。)

現代人類文明全般を研究しているが、社会保障と人権問題を軸に、それを取り巻く政治状況(各国の大統領選、総選挙、テロ組織など)を踏まえて解析している。

国政選挙においては必ず投票に出向き、比例代表制においては共産・立民系の政党に必ず投票する、国政において重要な役割を果たす有権者。
2014~2020までは共産党固定支持層だったが、目下それはグラつき中。2021年の衆院選では立民または共産の選択。自民・維新・N国などは断固拒否する。
国政選挙のみならず、都議選や都知事選はもちろん、市長選や市議選にまでいつも行って立民・共産系の候補に投票しているという、政治的に重要な意味を持つ有権者である。(市議選や市長選などは、投票率が30%台など低く、有権者としての価値が高まるので)

ここ近年では普通に基礎控除+障害者控除の枠内なので所得税及び住民税は一円たりとも支払っていないが、消費税の納税額は割と多めである、消費税納税に特化した納税者。
R2年(2020)5月において、亡くなった父親の遺産を相続し、資産マネジメントを本格的に開始した。
過去の失敗により、大量の経験値を取ってレベルアップしているため、現在は成功中である。)
R3年(2021)3月14日時点での持ち分

R2年(2020)の下半期以降くらいに発生している配当金額



伝統的な朝日新聞購読家庭。毎日新聞や東京新聞もぜひ読みたいと思っているが、複数紙の購読は負担が重過ぎる。

Copyright 2021 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2021 R.O.H.A.N by PLAYWITH Corporation. All Rights Reserved.

ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク