東京競馬場祭り!!競馬の祭典日本ダービー & ( ゚∀゚)可能性のトロ鉄火巻き三人前

先週日曜日は、競馬の祭典・日本ダービーが、東京競馬場であったので、行ってきますた!

一応言っておくと、おれは基本的にはクラシックは買わず、古馬戦しか買わないし、

ダービーなぞよりも天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念、宝塚記念の方を上に見ている。

KC4H0194.jpg

今回は府中本町ルートではなく、府中競馬正門前ルート。

最初、各駅停車を降りて府中競馬正門前行きの電車に乗った時は、それほど混んでなかったんだけど

新宿方面からの特急が東府中に止まった途端、そこから怒涛のように人が押し寄せてきましたわwww

電車内でその混雑ぶりを写真撮ってみたかったけど、近距離からの人間を撮影する行為は、「盗撮」になることがあるので、やめておいた。


これがダービーデイの府中競馬正門前駅ホーム
KC4H0195.jpg

出口
KC4H0196.jpg

連絡通路
KC4H0197.jpg

記念入場券
KC4H0198.jpg

連絡通路の上から下の様子を撮影
KC4H0199.jpg

鉄火場wwww皆、命と金を賭けております
KC4H0200.jpg


ここは子供が水遊びをする場所で、日本ダービーの行われる季節は、ちょうど初夏なので、毎年こういう光景が見られる。
KC4H0201.jpg
KC4H0202.jpg


コース:最後の直線
KC4H0203.jpg

コース:4コーナー
KC4H0204.jpg

内馬場にきてみた
KC4H0205.jpg

実はこの「メガグルメフェスティバル」というものを観るのが、目的だったりする
まあ、お祭り相場なので、今のおれには手が出せないものばかりなんだが
牛タン2000円なんてのもありましたね
KC4H0207.jpg

こちら側の視点
KC4H0208.jpg

スタンド内に戻って、食べ物を食べる人々を撮影
KC4H0209.jpg

パドック。ジャパンカップや天皇賞の時みたいに、人が多くて観れないと思ってたんだけど、意外にもこの写真が撮れるくらいの位置は取れたようである。
KC4H0210.jpg

一方、建物からパドックを見る人々
KC4H0211.jpg


おれは身体が弱いので、パドックをずっと見続けていると身体にかかる負担が気になるゆえ、
適当に切り上げて、本場場入場が始まるであろう3時15分くらいまで、適当な近くのベンチで休憩していた。

ダービーもジャパンカップもだけど、基本的には、スタンドのまともな位置なんて取れないことが多いのだが、
今回は始動が早かったせいか、このような位置を取ることができた。
KC4H0212.jpg

しばらく時間が経つと、後ろにゾロゾロと人が並んできましたね

上位人気馬返し馬など
KC4H0213.jpg


レースは、マカヒキが優勝。
蛯名は残念だったね・・・ほんと残念だ。
勝たせてやりたかったっていうか勝って欲しかった。


ところでさ、東京競馬場のこの醤油ラーメン、異常に美味そうじゃね?
ラーメンといえば、最近はすっかり豚骨ラーメンとか、つけ麺に押されていて、
昔からの正統派である、醤油ラーメンの勢力が下火になってると思うんだけど
この写真の醤油ラーメンは異常に美味しそうだ。
元々、東京競馬場の料理店というのは、東京競馬が開催している期間しか営業していない高級レストランもあって、
そこらでおれは食べたことはないんだけど、東京競馬場にある高級料理店は、かなりのグレードだとは聞く。
KC4H0214.jpg

帰りの府中競馬正門前駅
武蔵野線よりは幾分マシとはいえ、やはりこちらも大層混み合いますね~~
しかも、これはおれが帰宅に向かった時点なので、レース終了しばらくの帰宅客量ピーク時間よりもしばらく後。
撮影時情報を参照したところ、16時17分である。
KC4H0215.jpg



んで
帰宅後にはお寿司ですた!
( ゚∀゚)可能性のトロ鉄火巻き三人前
KC4H0216.jpg
KC4H0217.jpg
KC4H0218.jpg


ダービーを見終えて、相応しい食事をとって、そのままおやすみ~~~
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)

Author:鄭徒均(チョンドギュン、在日韓国人、法闘士、共産主義伝道師)
H28年12月時点で32歳の後期少年であり、法闘士と共産主義伝道師をやっている在日韓国人の鄭徒均(チョン・ドギュン)のブログ。

「人の本能に反しうまくいかないことが歴史的に証明されている」とされるソ連型共産主義ではなく、
2012年~2017年の間、オランド共産主義政権によって運営されたフランス型共産主義の暖かい息吹と光で日本及び全世界で共産主義革命を起こすのが人生の目標。
目標とする人物:21世紀型共産主義学派経済学者のトマ・ピケティ


在日韓国人だが、日本生まれの在日であり、韓国語を全く話すことができないし、キムチを一回も食べたことがない。
また韓国のコミュニティと何の繋がりも持っていない。
食生活は日本人野郎と全く同じようなもの。


脳のありとあらゆる全ての能力が単純かつ大幅な低下補正を受けるというパッシブ、最重要発達障害にして発達障害の王・ADHDの先天付与を受けており、それをもって障害年金の基礎の二級を受給中。
IQは80台後半である。

しかし偏差値を27.5から35くらい上げて慶応ワーチムに合格し、色々あった上で、最終学籍にて見事、9学期で教職二冠を獲りながら卒業する。

最終学歴は慶応ワーチム文系卒。



株式投資家もやっているが、現在は不本意ながら低迷中。


トレードアイランドの鄭徒均ページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
↑ 管理人へのご連絡は、このブログへのコメント以外にも、メールでも受け付けています
公開コメント・非公開コメント・上記フォームからのメールの三種類のうちから、お好きな連絡手段をお選び下さい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク